試合日程

タイトル戦

選手検索

試合結果

データマニア

TV・ネット欄
NTT ドコモ Presents Lemino BOXINGフェニックスバトル112[WBO-AP&OPBF][日本ユース][日本ユース]
興行ポスター
2024年3月18日(月) 17:45開始
会場:後楽園ホール
入場料:RS席22,000円/A席16,500円/B席11,000円/C席6,600円
ネット配信
Lemino
2024年3月18日(月) 17:45配信開始
動画名:ライブ配信
井上 岳志
OPBFスーパーウェルター級王者
WBO Asia Pacificスーパーウェルター級王者
WBOスーパーウェルター級4位
IBFスーパーウェルター級14位
WBCスーパーウェルター級17位

井上 岳志(34=ワールドS)
VS
ウェイド ライアン
OPBFスーパーウェルター級1位
WBO Asia Pacificスーパーウェルター級8位

ウェイド ライアン(34=豪)

見どころ:OPBF&WBO-AP王者の井上の王座防衛戦。昨年10月の防衛戦では挑戦者の付け入る隙を与えず6回TKO勝ちでWBO-AP王座2度目の防衛に成功した。ジャブでプレスをかけながらワンツー、左ボディで崩していく右ファイター。WBO世界5位までつけて再び世界を狙える位置まで戻ってきた。挑戦者のライアンは、33戦22勝(8KO)11敗。2021年11月にはワチュク・ナッツ(マーベラス→八王子中屋)に判定勝ちした。前の手で距離を測りながら思い切りの良い左オーバーハンドを叩きつけるサウスポー。井上としては、リーチが長く懐が深い相手をどのように攻略していくか。
VS

見どころ:サウスポーのホープがユース王座を懸けて激突する。富岡はリズム感のある攻撃とキレ味抜群のカウンターを持つ。昨年7月にはスー・イーファン(中国)に6回KO勝ちし復活を印象付けた。これまで強豪と拳を交えており、着実にキャリアを積んでいる。アマチュア63戦40勝23敗を経て昨年7月にデビューした野上は、キビキビとした動きから決定力の高いカウンターが魅力。初めてのフライ級での試合が吉と出るか?スピード対決を制するのは?
坂間 叶夢
日本ライトフライ級ユース王者
WBAライトフライ級9位
IBFライトフライ級11位
WBCライトフライ級15位
OPBFライトフライ級6位
WBO Asia Pacificライトフライ級12位
日本ライトフライ級3位

坂間 叶夢(20=ワールドS)
VS

見どころ:日本ユースLフライ級王者の坂間の初防衛戦。昨年7月の王座決定戦で戴冠すると12月にはOPBFランカーを撃破。世界ランキング入りも果たし乗りに乗っているホープだ。重厚なプレスから多彩なコンビネーションで攻め立てる好戦的なタイプでバランスが良い。3戦目でユース王座に挑戦する大木は、滑らかな動きからカウンターを打ち込むサウスポー。勝てばベルトと世界ランキングを奪える大きなチャンスだ。
砂川 隆祐
日本スーパーフェザー級14位
砂川 隆祐(24=沖縄WR)
VS
湯川 成美
OPBFライト級11位
日本ライト級4位

湯川 成美(28=駿河男児)

見どころ:日本6位の湯川は、強打のスイッチヒッターで、隙を逃さない嗅覚が魅力。8勝中7KOと数字が示す通りKO率が高い。日本12位の砂川は、今年7月にわずか2戦目でランキング入りを果たした新鋭。力強いパンチでなぎ倒すパンチャーだ。KO決着必至のカードだ。
磯金 龍
日本ライトフライ級12位
磯金 龍(23=大橋)
VS
キッティポン ジンプッシャ
キッティポン ジンプッシャ(タイ)

VS
山田 夏冴
JBCアトム級15位
山田 夏冴(27=セレス)

斉藤 晶子
JBCミニマム級14位
斉藤 晶子(24=ワールドS)
VS
安部エミリー
JBCアトム級17位
安部エミリー(32=花形)

VS

チケット窓口&お問合せ:
ワールドスポーツジム
TEL.03-5647-8969

試合日程

試合結果

トーナメント

ランキング

選手検索

TV・ネット欄

王者一覧

タイトル戦

階級別特集

インタビュー

有料試合動画

データマニア

待受写真

全国ジム検索

注目選手

海外試合日程

海外試合結果

海外選手検索

海外注目戦

海外情報

基礎知識

ボクモバ投票

勝ちメシ

レッスン

ボクモバ占い