ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[一夜明け会見]2019.7.13

拳四朗「倒すスタイルを意識していく」

拳四朗「倒すスタイルを意識していく」

  WBC(世界ボクシング評議会)ライトフライ級王者の拳四朗(27=BMB)が13日に大阪市内のホテルで一夜明け会見を行った。拳四朗は12日に、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第1競技場)で同級1位のジョナサン・タコニン(32=比)を4回TKO勝ちし6度目の防衛に成功した。
昨日の試合は反響が大きかった
 会見の冒頭、昨日の試合を振り返った拳四朗は、「一瞬、何が当たったかと思ったが、あとで動画を見たら最後に決めたパンチはミット打ちで練習してきた通りのものだった。タコニン選手は強くて、懐に入られる場面もあったが、冷静に対処できたと思う。KOで勝つことができてスッキリしている」と圧勝劇に胸を張った。
再びベルトが戻ってきた
 京都出身の拳四朗は、初の関西での世界戦を終わらせ、「いつも見に来られない人にも強いところを見せられた。また、関西でやりたいですね」とコメントし、防衛ロードに自信を見せた。
国民受けするカードを提供していく
 会見に同席した父の寺地永会長は、「拳四朗は強い相手の方が100%以上の力を出せる。これからも王座統一戦や指名挑戦者、上位ランカーと戦わせていきたい」と語ると、「狙っているのは日本人最多の13回の防衛記録。そのためには打たれずに打つボクシングが理想」と注文を付けるのも忘れなかった。
2週間後にジムワークを再開予定
 試合後には同じ階級のライバル王者の京口紘人(ワタナベ)が控室を訪れ祝福し王座統一戦を約束した。拳四朗は「13回の防衛は遠くて難しいがやりがいがある。防衛戦の中で(統一戦が)できれば」と同時進行を目指していく。
ボクモバトップページへ戻る