ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後談話]2019.5.18

大激戦となった日本ランカー対決!

大激戦となった日本ランカー対決!

 元日本スーパーライト級王者の麻生興一(三迫)が18日、墨田総合体育館で開催された「DANGAN224」のセミで日本ライト級1位の柳達也(伴流)と激突。階級を落とし臨んだパワーファイター麻生のパフォーマンスに注目が集まったが、柳も序盤から引かずに真っ向から打ち合い、会場を盛り上げた。

激闘のあと
 ガードを固め低い姿勢で圧力をかける麻生に対し、柳は出入りの足を使うとフック、アッパーのコンビネーションに加え、足を入れ替えての左ストレートで応戦。我慢比べの打ち合いでも食らいつき、終盤の7回にはワンツー連打で麻生に畳み掛けチャンスを作った。麻生もここを耐えると右の強打を返したが、柳が最終8回も左フックからの連打でポイントを連取し、最大6ポイント差をつけ激闘を制した。
この勝利は大きいと柳
 満身創痍といった状態で控室に戻った柳は、「めちゃしんどかった。新人王決勝の次にきつかった。中盤に後半のことを考えて中弛みしたが、終盤に効いているのが分かったのでプッシュした。麻生選手を相手に行けたのは大きい」と大きな収穫。団太路会長も「まだやるべきことは多いが、だいぶ課題をクリアできるようになってきた。タイトルはすぐそこ。(日本、東洋太平洋の)チャンプの動向を見極めていきたい」と年内挑戦の青写真を描いた。
ボクモバトップページへ戻る