ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後談話]2019.4.14

京都で日本女子フライ級王座決定戦

京都で日本女子フライ級王座決定戦

 元東洋太平洋スーパーフライ級王者の小澤瑤生(フュチュール)が14日、昨年新設された空位の日本女子フライ級王座を懸け、韓国王者のパク・ヘス(韓国)を地元京都に迎えて6回戦で拳を合わせた。小澤は地元の大声援に答えるように開始からジャブをヒットした。
危なげなく戴冠に成功
 元東洋太平洋スーパーフライ級王者の小澤は、昨年新設された日本女子フライ級王座決定戦で韓国王者のパク・ヘスと激突。開始から左を的確に当てる小澤がペースを握ると、1ラウンドにダウンを奪い勢いに乗った。対して、パクもジャブから踏み込んで右を狙ったが距離が合わず。終始、小澤が先手を奪い試合巧者ぶりを発揮し判定で戴冠に成功した。
次は世界と意気込んだ小澤
 小澤は「しぶとい相手でしたね。なかなか距離が合わせづらかったです。本当はしっかり倒したかったです。このままでは世界とか言いづらいですが、決まったらまた必死に練習して獲りに行きます」と勝って兜の緒を締めた。
 
また日本でも試合がしたい
 一方、パクは「実は試合前に足を怪我してしまい、思うように動けなかった。小澤選手はパンチがあり強かった。また日本でも試合がしたいので、韓国でも頑張ります」と汗を拭った。
ボクモバトップページへ戻る