ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[ニュース]2018.12.8

粉川拓也が角海老宝石に移籍

粉川拓也が角海老宝石に移籍

 元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級、日本フライ級王者で2度の世界挑戦を経験した現IBF(国際ボクシング連盟)フライ級12位の粉川拓也(33)が、7日付けで東京・大塚の角海老宝石ジムに移籍した。墨田区出身の粉川は05年に宮田ジムでデビューし、ここまで35戦29勝(13KO)5敗1分の戦績を収めている。

環境を変え3度目の世界挑戦を目指す!
 デビュー当時から活躍していた同門の世界王者、内藤大助氏に続く逸材として期待され、10年にOPBF王座獲得。そして翌年7月にタイでポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBC世界フライ級王座への挑戦をはたすが、大差判定負けを喫し敵地での奪取はならず。その後、再起戦で空位の日本王座に就き、3度防衛後の14年3月に再びタイに乗り込み、今度はヨドモンコン・ボー・サエンテップが保持するWBA暫定王座に挑んだが、これも僅差判定で涙を飲んだ。
昨年6月の黒田戦
 再起後、15年に再び日本王座を獲得した粉川は、3度目の世界挑戦を目指し防衛を重ねたが、昨年6月に暫定王者の黒田雅之(川崎新田)との王座統一戦で敗れ、3度防衛した王座から陥落。同年12月に再起をはたすも、この試合以降リングから遠ざかっていた。
粉川は二児の父でもある
 角海老宝石ジムは、現日本スーパーライト級王者の細川バレンタイン(37)、現トレーナーの田部井要氏(33)といったかつてのチームメイトが多数在籍。刺激し合える仲間とともに、復帰を決断した粉川に期待したい。
ボクモバトップページへ戻る