ボクモバニュース

海外情報

海外注目戦

ランキング

テレビ欄

試合オッズ
[海外ニュース]2017.11.14

WBA 3階級で指名戦

WBA 3階級で指名戦

 このほどWBA(世界ボクシング協会)選手権委員会はスーパーライト級1位のランセス・バルテレミ(31=キューバ/米)と2位キリル・レリク(27=ベラルーシ)をはじめ、スーパーフェザー級、ウェルター級の3階級で決定戦や防衛戦を行うよう各陣営に指令を出した。いずれも11月6日を起点として30日間の交渉期間を設けており、この間に合意に至らない場合は興行権入札を行うとしている。

 対戦指令が出たのはバルテレミ対レリクのスーパーライト級王座決定戦のほか、スーパーフェザー級王者アルベルト・マチャド(プエルトリコ)対2位ラファエル・メンサー(ガーナ)、ウェルター級王座決定戦の1位ティーラチャイ・クラティンデーンジム(タイ)対3位ルーカス・マティセ(亜)の3試合。特にバルテレミ対レリクは今年5月に挑戦者決定戦で拳を交え、バルテレミが判定勝ちを収めたものの敗者側から抗議が出ていたもので、テレンス・クロフォード(米)の王座返上によって後継者決定戦として挙行されることになる。
ボクモバ海外版トップページへ戻る