ボクモバニュース
[試合結果]2017.9.17

サンダースvsモンロー

サンダースvsモンロー

 WBO(世界ボクシング機構)ミドル級タイトルマッチ、王者ビリー・ジョー・サンダース(28=英)対挑戦者同級2位ウィリー・モンロー(30=米)の12回戦は16日(日本時間17日)、英国ロンドンのコッパー・ボックス・アリーナで行われた。9ヵ月ぶり2度目の防衛戦となったサンダースと、2年4ヵ月ぶり2度目の世界挑戦のリングに上がったモンロー。サウスポー対決を制したのは。

英国に王座を守ったサンダース

〇ビリー・ジョー・サンダース(英)
 12回判定(3対0)
×ウィリー・モンロー(米)

米英の時差でGGG対カネロ前に激闘
 戴冠試合を含めて3戦続けて世界戦でサウスポー同士の対戦となったサンダースは地元の声援を背に積極的に出ようとしたが、懐の深いモンローの距離を潰せずに戸惑いもみせた。それでも手数で勝り微妙なラウンドをさらっていった。技巧を売りにする選手同士のカードということもあり試合はやや迫力を欠くものとなった。劣勢を意識したのかモンローは11回と12回に積極的に仕掛けて出たが、決定的なシーンを作り出すことはできなかった。
 判定は3-0でサンダースだったが、二者が117対111、117対112と大差だったのに対しひとりは115対114の1ポイント差だった。同じミドル級のゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン/米)対サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)を前に辛うじて2度目の防衛に成功したサンダースは25戦全勝(12KO)。2度目の世界挑戦も実らなかったモンローは24戦21勝(6KO)3敗。
 前座ではWBOライトヘビー級8位のアンソニー・ヤーデ(英)がノルベルト・ネメサパティ(ハンガリー)に3回終了TKO勝ちを収めた。2回に2度のダウンを奪って3回終了で相手を棄権に追い込んだヤーデは13戦全勝(12KO)。WBO欧州王座の初防衛を果たすとともに空位だったWBOインターコンチネンタル王座を獲得した。ネメサパティは32戦25勝(18KO)7敗。
ボクモバ海外版トップページへ戻る