ボクモバニュース
[海外ニュース]2017.8.13

9/22 ナルバエスvsポタポフ

9/22 ナルバエスvsポタポフ

 WBO(世界ボクシング機構)フライ級王座を16度、同スーパーフライ級王座を11度防衛した実績を持つ元世界王者オマール・ナルバエス(41=亜)が9月22日、アルゼンチンのブエノスアイレスでニコライ・ポタポフ(27=露/米)と対戦することになった。現在、ナルバエスはWBOバンタム級1位、ポタポフは2位にランクされており、試合は王者ゾラニ・テテ(29=南ア)に対する挑戦者決定戦として挙行される。

オマール・ナルバレス
   ナルバエスといえば日本のファンは14年12月に井上尚弥(大橋)に倒された試合が印象深いだろうが、2階級で10度以上の防衛を重ねた唯一の世界王者でもある。井上戦後は3連勝(1KO)を収めているが、昨年6月を最後にリングから遠ざかっている。50戦46勝(24KO)2敗2分。一方のポタポフは18戦17勝(8KO)1分と無敗レコードを誇るが、9月9日に井上に挑むアントニオ・ニエベス(米)に10回判定勝ち(今年3月)を収めた以外は目立った実績はない。ニエベス同様、世界挑戦経験者のドミトリー・サリタ(ウクライナ/米)が代表を務める「サリタ・プロモーションズ」と契約を結んでおり、近年は米国東海岸を中心に活動している。
ボクモバ海外版トップページへ戻る