ボクモバニュース
[予備検診]2017.5.18

八重樫東 リーチが2.5cmアップ

八重樫東 リーチが2.5cmアップ

 21日(日)の東京・有明コロシアムでIBF(国際ボクシング連盟)ライトフライ級王座統一戦に臨む正規王者の八重樫東(34=大橋)と暫定王者のミラン・メリンド(29=比)が18日、都内の後楽園ホール展示会場で予備検診を行った。暫定王者とフォトセッションで並んだ八重樫は、物静かなメリンドに対し「イメージどおり。オーラは特に感じられない」とコメント。メリンドも「大丈夫。普通の人間だった」と感想を口にした。
大橋会長がリーチのアップを指摘
 続いて会見が行われ、メリンドより身長で2cm、リーチで1.5cm上回った八重樫は、検診データを見て大きくうなずくと「予想どおり」と満足気な表情を浮かべた。リーチに関しては前回より2.5cm伸びており、大橋秀行会長は肩甲骨まわりを鍛えた成果と喜んだ。
自分のスタイルを大事にするとメリンド
 一方、メリンドは「来日してからは天気が良く、気候も穏やかなので嬉しい。時間を作っては高層ビルを見ながら散歩しているよ」と日本を満喫している様子。「検診の数字はまったく気にならない。自分のスタイルを大事にするだけ」と話した。明日は都内のホテルで調印式が行われる。
八重樫の検診
WBC世界Lフライ級タイトルマッチ
■予備検診結果
王者 八重樫東
身長:159.5cm
胸囲:88.0cm
首周:37.5cm
リーチ:164.5cm
血圧:132/79mm/Hg
脈拍:49/min
体温:36.6℃

挑戦者ミラン・メリンド
身長:157.5cm
胸囲:84.0cm
首周:35.0cm
リーチ:166.0cm
血圧:116/70mm/Hg
ボクモバトップページへ戻る