ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[前日計量]2017.4.1

沖縄のリングに昨年の全日本新人王が登場

沖縄のリングに昨年の全日本新人王が登場

 沖縄にある琉球ジム主催の「琉球拳闘伝-挑戦-」に出場する選手達の前日計量が1日、那覇市内の沖縄船員会館で行われ、全選手一発でクリアした。メインイベントには、昨年のライト級全日本新人王で、現在、日本ランキング15位の小田翔夢(琉球)が登場。5戦全KO勝利中の新鋭に注目が集まっている。
 300グラムアンダーの60.9キロで計量を終えた小田翔夢は「初の6回戦の試合ですが、気負いなく結果を出します。もちろんKOです」と連続KO記録更新を意識した力強いコメントを残した。また、対戦相手のティエンチャイ・ソーカニットソン(タイ)も200グラムアンダーの61.0キロで計量を終えている。

※試合会場
■沖縄・ネーブルカデナ3F
・沖縄県中頭郡嘉手納町
■入場料(※当日券あり)
・10000円
・6000円
・2000円(小中高生のみ)
左:西原成紀 右:原塚滉貴
 セミファイナルでは、大阪の仲里ジムに所属する沖縄出身で、昨年の全日本新人王では西軍代表を務めた西原成紀が凱旋試合を迎える。この日の計量をリミットの66.6キロでクリアした西原は「これを勝てば6回戦にあがれるので、全日本新人王を逃した経験を生かし、ココから勝ち上がっていくのみです。いい勝ちをして今月タイトルマッチを控える※坂先輩に良い流れを繋げます」と気合を入れた。明日、西原と対戦する原塚滉貴(長崎ハヤシダ)は200グラムアンダーの66.4キロで計量台を降りた。

※坂晃典(仲里)
左:池本 右:ペットプラジーン
 セミセミファイナルには昨年5月のプロデビュー以来、2連勝中の池本夢実(琉球)がタイ出身のペットプラジーン・サイトーンジムと拳を交える。500グラムアンダーの50.3キロで計量を終えた池本は「初の外国人選手相手ですが、迷いなく攻めます。早くランカーになって、まずは国内のベルトを狙います」と明日の試合をステップにさらなる高みを目指す。ペットプラジーンも400グラムアンダーの50.4キロで計量を終え、明日の試合に臨む。
ボクモバトップページへ戻る