試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2021.5.26
WBO世界Sバンタム級11位
赤穂亮(横浜光)

6/5(土) 後楽園ホール
56.0s契約10回戦
赤穂亮vs杉田ダイスケ


赤穂亮は今が一番強い!
 WBO(世界ボクシング機構)スーパーバンタム級11位の赤穂亮(34=横浜光)は、6月5日(土)に後楽園ホールで開催される「ダイナミックグローブ」メインイベント56.0s契約10回戦でWBAアジア同級王者の杉田ダイスケ(32=ワタナベ)と対戦する。


  今年7月の誕生日で35歳を迎える赤穂だが、気力体力ともに衰え知らずで、持ち前の能力にキャリアがプラスされて今がまさに絶頂期だ。ここ2戦は本来の足を使ったボクシングから左右ともに抜群の破壊力を誇るパンチで相手をキャンバスに沈めている。
 赤穂は"ポリスボクサー"として知られ、赤穂の世界ランクを奪いに来る杉田に対して、思うところがあると熱く語った。



■最初に杉田選手との試合が決まった時の心境を聞かせてください。
赤穂 前回の試合で(杉田選手に)オファーを出したのですが、断られてしまって。前戦も相手は誰でもいいと言っていたのですが、ずっと決まらなかった。その中で中村君(中村祐斗=市野)だけが手を挙げてくれました。ジムから「6月のダイナミックグローブは赤穂でいく」と枠は決まっていたけど、相手が決まらない状態でした。そこで12月に断られた選手にもう一度オファーを出したところ、杉田選手がOKを出したと。向こうは一度チャンスをフイにしているじゃないですか。俺としては、その選手にまたチャンスをあげるのは嫌でしたが、彼しかいないのでやることにしました。

■SNSで好カードが決まったと話題になりました。ただ、実績からいうと赤穂選手が有利のカードです。その点については?
赤穂 そうなんですか?俺も舐められたもんですね。WBAアジアのチャンピオンでしたっけ?価値のないベルトを掲げてチャンピオンだなんて、普通は恥ずかしくて掲げられないでしょ。これは、ボクシング人気の低迷につながりますよ。



■なるほど。
赤穂 今、世界チャンピオンだって、フランチャイズチャンピオンだ、休養チャンピオンだ、ゴールドチャンピオンだと同じ団体に何人もチャンピオンがいる時代です。選手としては、チャンスが増えるからどっちかというとうれしいことですよね。でも、何故ボクシングは品格があると言われているのか。俺はボクシング界に長くいるからキックボクシングのチャンピオンとも交流があるのですが、有名な選手が「ボクシングはすごい」と言います。なんでそう言ってくれるかというと、ボクシングは日本チャンピオンは一人でしょうと。

■そうですね。
赤穂 それは特別なんですよ! 少し前までは東洋チャンピオンは1人、世界主要4団体といわれるのでIBFもWBOもしっかりとした団体ですが、日本では世界チャンピオンはWBAとWBCの2人しか認められていなかった。だから、どのボクサーも最初は日本チャンピオンを目指してやっているわけじゃないですか。日本を獲ってから東洋王座を目指す。俺のところにSNSを通じて「彼が持っているWBAアジアはどんなタイトルなんですか」と質問がくるのですが、そんなのは答えられないじゃないですか。だってボクシングを知らない人からしたら、日本チャンピオンより上と見ますよ。それは皆、どうなんですか?と逆に聞きたいです。彼が持っているタイトルは日本で認められていないタイトルだし、世界ランキングにも入っていなければ、日本ランキングにも入っていない。評価されているんですか?と。僕は東洋王座を獲りましたが、無敗のオーストラリア人に勝って獲りました。
※赤穂は2011年5月にフレッド・マンドラビー(オーストラリア)に5回終了TKO勝ちでOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座を獲得した。



■強い相手からベルトを奪ったと。
赤穂 アジアのタイトルってすごいと思うんですよ。日本王者、韓国王者、フィリピンやタイといった各国のチャンピオン同士が戦う、もしくは世界ランカー同士が戦ってアジア1番を決める。だから、ベルトというのは特別なんですよ。お金じゃ買えないもの。彼が前回勝ってベルトを獲った相手は18勝40敗の選手ですよ。僕は、ボクシングに愛があるし、ボクシング界について思うこともあります。彼がチャンピオンだと言っていることが恥ずかしいことだと思います。珍しく力が入っていますけどね。長年、ボクシングを見てきている人、トップ選手は俺の気持ちがわかると思います。

■次戦は、赤穂選手にとって世界を目指す上で予行練習ですか?
赤穂 いえいえ。まったく違いますよ。相手は世界レベルじゃないですから。

>>>




ボクモバトップページへ戻る