試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2020.2.15
OPBFウェルター級8位
長濱 陸(角海老宝石)

2/27(木) 後楽園ホール
OPBFウェルター級王座決定戦
クドゥラ金子vs長濱陸


長濱陸「このチャンスを活かす」
 OPBF東洋太平洋ウェルター級8位の長濱陸(28=角海老宝石)が2月27日(木)、後楽園ホールで開催される「DANGAN234」のメインで同級3位のクドゥラ金子(21=本多)とのOPBFウェルター級王座決定戦に挑む。
 昨年、角海老宝石ジムに移籍した長濱は、17年8月に当時の日本スーパーウェルター級王者の井上岳志(30=ワールドスポーツ)に挑んで以来、今回が2度目のタイトル挑戦となる。


 クドゥラとはこれまで何度もスパーリングを行い、11戦全勝(8KO)を誇る強打者のパンチをその身で知る長濱は「パワー、スピードは世界レベル」と警戒。その上で移籍3戦目で掴んだチャンスに「KOでも判定でも必ずベルトを獲る」と気を吐いた。



■移籍3戦目で今回のチャンスを掴みましたが、相手は若手NO.1のクドゥラ選手です。
長濱 スピードとパンチ力もあって素質のある選手ですよ。ただ、穴がないかと言われるとそうでもない。その穴は言いませんが(笑)。

■何度もスパーで手合せをしてきた上での評価ですね。
長濱 彼のパワー、スピードは世界的に見ても通用しますよ。僕もパワーはある方だと思いますが、そこで勝負をするつもりはない。あの手この手で一方的に当てていくつもりです。



■体格は長濱選手が優位です。正面のパンチも当たりそうですね。
長濱 ですね、パンチをもらってくれる選手なので、早めに距離を掴んでペースを握っていきたい。

■長濱選手にとっては2年半ぶり2度目のタイトル戦となります。
長濱 井上選手に負けて悔しい想いをしましたよ。自分に何が足りないかを理解したつもりなので、それをこの試合で克服します。



■具体的に足りない部分とは?
長濱 経験値。前半は気持ちが入ってガンガンに行けるのですが、疲れてくると休もうとか、ポイントを取っているので流そうとか考えてしまうので、弱気にならずに立て直せるかです。

■18年5月の永野戦がまさにそのように見えました。
長濱 5ラウンドでしたね。休もうと思ったところで一気にまとめられレフェリーストップ。あの場面、永野選手も効いてたので逆に手数を出していれば結果は変わっていたかもしれない。その辺の集中力、甘さが自分に欠けているところです。
※現日本ウェルター級王者 永野祐樹(帝拳)

>>>




ボクモバトップページへ戻る