試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2019.11.28
日本ユース・フェザー級王者
殿本恭平(勝輝)

12/14岸和田総合体育館
日本ユース・フェザー級タイトルマッチ
殿本恭平vs本橋遼太郎


殿本恭平「もっと上のベルトを巻く」


 日本ユース・フェザー級王者の殿本恭平(勝輝)が12月14日(土)、地元の大阪の岸和田総合体育館で初防衛戦に臨むことが決まった。対戦相手は、17年西日本新人王の本橋遼太郎(本橋)。この難敵を相手にどのような初防衛戦を見せてくれるのか――。「ジムの初興行なので頑張らないとあかん」と、静かに闘志を燃やす殿本に話を聞いた。
 



■初防衛戦が近づいてきました。調整はいかがですか。
殿本 ボチボチですね。いつも通りです。

■5月のタイトルマッチを振り返っていただけますか。
殿本 ジャブが当たってくれて、流れが取れたと思います。倒してから、反撃されてヤバイ場面もありましたけど(笑)。前半のつかみがよかったです。



■ベルトを獲って、周りの反応はいかがでしたか。
殿本 周りは喜んでくれたけど、もっと上のベルトを期待されるし、やるからには、少しずつ実力をつけて、上のベルトを獲らないとあかんと思います。

■ベルトを手にして、自信はつきましたか。
殿本 いや、全く変わらないですね。ただ形があるだけ。このベルトが作られる前なら本橋選手との試合も、ただのノーランカーの戦いですし、とりあえず(指名権のある)12位以内に入らないと意味がないですからね。

 



■次戦、本橋選手に決まりました。映像等見ていますか。
殿本 見ていません。いつも見ないので。でも1度試合を見た事はあります。

■特に警戒するところはありますか。
殿本 前に出てくるタイプなので、それの対応ですね。
 

>>>




ボクモバトップページへ戻る