試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2019.9.4
日本ミニマム級2位
石澤開(M.T)

9/21(土) 後楽園ホール
日本ミニマム級挑戦者決定戦
谷口将隆VS石澤開


石澤開「勝たないと意味がない 」
 パーフェクトレコードを更新中の若武者が挑戦権を掴みに行く! 日本ミニマム級2位の石澤開(22=M.T)は、9月21日(土)に後楽園ホールで同級1位の谷口将隆(25=ワタナベ)と日本同級挑戦者決定戦に臨む。昨年11月に日本ユース王座を獲得した石澤にとって、ターニングポイントと言える試合を迎える。


 谷口はスピードとテクニックを併せ持つサウスポーで今年2月には世界戦も経験している。石澤は格上といえる谷口との対戦にも二つ返事で快諾した。



■新しくフィジカルトレーニングを始めたそうですね。 
石澤 はい。以前からやってはいたのですが、一度違うトレーナーに教わっていたのですが、2ヶ月前から元のトレーナーのところに週1ペースで行き始めました。フィジカルトレーニングが終わってから調子が良いなと思っていたら、重心が無意識に乗るようになっていたそうです。始めたばかりなのでまだまだこれからですね。

■挑戦者決定戦が決まりましたが、当時下位ランカーだった石澤選手に話が来た時はどのような心境でしたか?
石澤 うれしかったのですが、それより「何で?」という気持ちの方が強かったです。こんなチャンスが舞い込んでくることなんてあるんだなと思いました。トレーナーから聞かされて「もちろんやります」と答えました。



■感情としては?
石澤 こんなに早くくると思っていなかったのでうれしいですよ。最近はアマチュア出身の選手がデビュー何戦目でタイトルを獲っていますが、僕は地道にと思っていたので早く挑戦することに特に興味がありませんでした。それがまさか日本タイトルに絡めるチャンスがこんなに早く来るとは思っていなかった。

■今年1月のインタビューで「タイミングが合えば年内に日本タイトルに挑戦したい」と言っていましたが、来年タイトルにつながる試合となりました。
石澤 ほぼタイトル戦に近い試合ですからね。運はあると思います。



■谷口選手とは一度スパーリング経験があるそうですね。
石澤 2年前で僕がデビューする前のことです。まだ、スタミナもなくてやられるシーンもありましたが、僕のパンチも当たるところは当たっていたので強いとは思っていますが、勝てないとは思っていません。格上と言えばそうですが、そこまで遠い存在だとは思っていません。

■あらためて谷口選手の印象を聞かせてください。
石澤 正統派サウスポーで懐が深いです。僕より大きいですが、アマ時代から小さい相手とは数えるほどしか戦っていないでそこは特に気にしていないですね。足を使われて回られるのは嫌ですね。

>>>




ボクモバトップページへ戻る