試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2019.8.13
WBO世界フライ級王者
田中恒成(畑中)

8/24愛知・武田テバオーシャンアリーナ
WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦
田中恒成vsジョナサン ゴンサレス


田中恒成「スピード重視の戦いを見せる」


 世界最速3階級制覇王者で現WBO世界フライ級王者の田中恒成(畑中)の2度目の防衛戦が8月24日(土)、名古屋市内の武田テバオーシャンアリーナで同級1位のジョナサン・ゴンザレス(プエルトリコ)を迎えて行われることが決まった。これまでの世界戦7戦を通して「1番スピードのある試合をします」と日本人王者随一のスピードを存分に発揮すると宣言した田中は、3ヶ月の長期調整で完璧な仕上がりに自信を見せる。最終調整に入ったジムで試合に向けて心境を聞いた。
 



■2度目の防衛戦が迫ってきました。調整はいかがですか。
田中 そうですね。今のところは良い感じです。

■今回は試合が決まって試合までの期間が3ヶ月ありました。いつもより1ヶ月長い期間がありましたが、底上げはできましたか。
田中 やれたらことは半分くらいですね。できたところと、できなかった部分はあります。
 



■サウスポー対策は万全ですか。
田中 試合が3週間と近づいて来ているので「サウスポーがどうだか」という考えはもう終わっています。

■改めて、対戦相手のジョナサン・ゴンザレス選手の映像を見た感想をお願いします。
田中 最初に見たころと少しは印象も変わってきました。距離が遠いイメージだったんですが、対応できそうだなって思えるようになってきました。そこが自分が取り組んできた中で「掴んでいる」部分です。



■改めて警戒するところはどこになりますか。
田中 左からのパンチです。ノーモーションの動きですね。

■世界タイトルマッチは8戦目になります。過去の7戦の中でスピードが1番あったと自負する試合はありますか。
田中 初の世界戦じゃないですかね。
 

>>>




ボクモバトップページへ戻る