試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2019.6.12
WBO世界フライ級王者
田中恒成(畑中)

8/24愛知・武田テバオーシャンアリーナ
WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦
田中恒成vsジョナサン ゴンサレス


田中恒成フィリピン合宿最終日


    WBO世界フライ級王者の田中恒成(畑中)は8月24日(日)、名古屋市内の武田テバオーシャンアリーナで開催される「SOUL BOXING」のメインイベントで同級1位の指名挑戦者ジョナサン・ゴンザレス(プエルトリコ)を迎えての2度目の防衛戦を控える。試合決定が通常より1ヶ月早く、余裕のあるこの時期に11日間のフィリピン合宿でサウスポー対策をバッチリ仕上げた。合宿最終日、現在の調整具合を確認した。



■フィリピン合宿も最終日ですが、どのような合宿でしたか。
田中 練習も非常に充実していましたし、とても良い合宿になりました。今までの合宿の中でも、スパーリングの相手も練習の取り組みも自身の取り組むべき物もできたので、よかったですね。

■改めてこの合宿の目的は達成されましたか。
田中 はい、達成されましたね。



■兄の亮明選手との合宿はいかがでしたか。
田中 良かったですね。アドバイスをしてくれる唯一の選手なので、そういった面でも良かったです。お互いに動画を撮ってくれる人が居て良かったです。

■フィリピンを合宿地に選んだ理由は何ですか。
田中 知り合いもいるし、練習相手の選手も豊富ですからね。



■合宿では合計24ラウンドのサウスポーとのスパーリングでしたね。
田中 次の対戦相手に似た選手も、そうでない選手も含めてこの時期はいろいろな選手とやりたかったので、3人の違うタイプのパートナーで、どの選手にも対応できるようになってきたので、良かったですね。

■試合まで約2ヶ月半あります。今はどのような段階ですか。
田中 いつも試合が決まる2ヶ月前の段階では今回サウスポーに慣れた状態で完全に相手の対策に取り掛かれるので、中だるみしますが、上げすぎず頑張ります。

>>>



ボクモバトップページへ戻る