試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2019.6.10
日本女子ミニフライ級2位
千本 瑞規(ワタナベ)

6/25 後楽園ホール
日本女子ミニマム級タイトルマッチ
日向野知恵vs千本瑞規


令和のニューヒロイン千本瑞規
 昨年11月にデビューした日本女子ミニマム級2位の千本瑞規(ちもとみずき=25/ワタナベ)が早くもタイトル戦のリングに立つ。今月25日(火)、後楽園ホールで開催される「DANGAN日韓親善試合」で17戦8勝(2KO)8敗1分と豊富なキャリアを持つ日本女子同級王者の日向野知恵(34=スパイダー根本)に挑む千本は、「チャンピオンは好戦的な選手ですが、私も打ち合いは嫌いじゃない」と拳を固める。


 中学3年時に兄の影響でボクシングを始め、アマチュアで57戦45勝12敗の実績を残した千本は、昨年11月にタイ人を相手にB級デビュー。立ち上がりからワンツー、左ボディで攻め立てると3回に右ボディを決め、TKO勝ちで初陣を飾った。プロ2戦目でタイトル奪取をはたせば、昨年12月に空位のOPBF東洋太平洋女子アトム級王座を獲得した同じアマチュア出身の松田恵里選手(TEAM10COUNT)に並ぶ日本最速。次世代のニューヒロインにボクシング界も大きな期待を寄せている。



■僅か2戦目でタイトル挑戦のチャンスが巡ってきましたね。
千本 普通ではまずない、光栄なことだと思っています。このチャンスをしっかり掴みとりたいし、ジムの期待に応えたい。私はプレッシャーを感じる方ではないので、試合を楽しみたいとも思っています。

■まず最初に経歴を教えてもらえますか?
千本 もともと格闘技全般が好きでボクシングを始める前は空手を習っていたのですが、中学3年の時に兄の影響で地元のアマチュアジムに入門しました。王寺工業高校から芦屋大学に進み、高校で世界Jrユース代表、大学で2015年に全日本選手権2位、16年に全日本選手権3位に入り、大学卒業後もしばらくアマでやっていたのですが、華やかなプロに魅力を感じ転向しました。



■ワタナベジムを選んだのは?
千本 一番はやはり選手層が厚いこと。ここならスパーリングパートナーに困ることはありませんから。もうすぐ1年になりますが、やっぱりここを選んで良かったと思います。

■プロはヘッドギアなし、グローブが10オンスから8オンス、1ラウンド3分から2分と違いがあります。
千本 最初はやはり違いを感じましたが、ヘッドギアなんかは重くて見えずらいだけで邪魔だと思っていたので、無い方が動きやすいですね。2分のラウンドも自分としてはポイントが取りやすいので。



■かなりプロ向きだったのですね。
千本 かもしれません。パンチに対する恐怖心もボクシングを始めた頃からあまりなかったので。まだヘッドギアなしで良いパンチをもらったことがないので、一度その経験をしてみたい(笑)。

■高橋智明トレーナーからはどのようなことを指摘されていますか。
千本 出入りとか、パンチを外したあとの追撃。今のところは自分の要望を取り入れてもらいながらやっています。



■自身のストロングポイントを教えてください。
千本 距離感とスピードです。パンチ力も自信があり、得意とするのは左です。パンチの角度をいろいろつけるように意識しています。

■前回の試合で右拳を痛めたそうですが、問題はありませんか。
千本 もともと右の軟骨が全部潰れているんですよ。私は人差し指と中指の2本の面で正面から打つように意識しているので、どうしてもそこが腫れてしまいますね。

>>>




ボクモバトップページへ戻る