試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2019.4.9
元東洋太平洋女子スーパーフライ級王者
小澤瑤生(フュチュール)

4/14京都・KBSホール
日本女子フライ級王座決定6回戦
小澤瑤生vsパク ヘス


小澤瑤生「レベルの違いを見せる」


 元東洋太平洋スーパーフライ級王者の小澤瑤生(フュチュール)は次戦、4月14日(日)、京都市内のKBSホールで開催される「TO THE FUTURE.25」のメインイベントで、新設された日本女子フライ級王座決定戦を韓国ライトフライ級1位のパク・ヘスと争う。次戦を前に小澤は「世界を目指すならレベルの違いを見せなければいけない」と覚悟を見せた。
 



■大一番が近づいてきましたね。調整はいかがですか。
小澤 タイトルマッチですが、ここを目指してやってきたわけではないので、しっかりやってきたことを出して勝たないといけないと思っています。

■昨年3月に行われた世界戦の敗戦から2連勝と勢いは戻ってきましたね。
小澤 前よりはいろいろと考えてボクシングをやるようにはなったので、ボクシングの質は上がっていると思います。今までは練習してきたことがなかなか試合に出せないことが続いたのですが、ちょっとは出せるようになってきたと思いますね。次もしっかりやりたいです。



■昨年結婚されて、環境も変わってきましたね。
小澤 ボクシングに集中する環境を作ってくれているので、感謝ですね。旦那はピアニストなんですが、世界をいろいろ回っている人なので目指す感じも似ています。動画とかも私より積極的に作ってくれたりサポートしてくれています。

■ご主人のサポートは大きいですか。
小澤 本当に大きいですね。今までは悩んでいても言う相手がいなかったのですが、今は聞いてくれるし、ブレたら支えてもらっているし、ありがたいなと思っています。モチベーションは上がりました。本当にそこが全てですね。



■対戦相手の映像は見ましたか。
小澤 見てないですね。韓国国内では見られるらしいのですが、日本では見られませんでした。気にはならないし、それを気にしているようじゃ上はないので。今回の相手はもともとこの試合が決まる前から私にオファーのあった選手なのでアウェイで勝つ気満々だと思うし、そこは警戒したいですね。

■具体的に警戒するところがあれば教えてください。
小澤 勝つ自信があるからこそ敵地に乗り込んで来るわけですから、気持ちは強いと思うので、そこはしっかり気にして警戒してやりたいと思います。

>>>




ボクモバトップページへ戻る