試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.12.15
東洋太平洋バンタム級7位
ストロング小林佑樹(六島)

12/24大阪・住吉区民センター
OPBFバンタム級王座決定12回戦
ストロング小林佑樹vs栗原 慶太


ストロング小林佑樹 3度目の正直で獲る


 東洋太平洋バンタム級7位のストロング小林佑樹に3度目のタイトル奪取のチャンスが訪れた。12月24日(月)、大阪市内の住吉区民センターで同級4位の栗原慶太(一力)を地元大阪に迎えて空位の東洋太平洋バンタム級王座を争うことになったのだ。このタイトルは同門のマーク・ジョン・ヤップ(六島)が1年以上守ったタイトルでもあり、他ジムへの流出は是が非でも避けたいところだ。「3度目の正直で必ず獲る」と気合の表情を見せた小林に現在の心境を聞いた。



■3度目のタイトル挑戦が決まりましたね。決まった時の心境をお願いします。
小林 うれしかったですね。1回目の挑戦は惨敗でしたし、次のIBFアジアもすぐに決まったのに負けてしまって。そこから海外挑戦をさせてもらって、香港ではわずか29秒で負けていますし。今回こそは「絶対獲ってやろう」っていう気持ちです。

■現在の調整はいかがですか。
小林 いつも通りかなと思います。冬場なので体重も落ちにくいので早めに落としています。



■対戦相手の映像は見ましたか。
小林 はい。生はないですが、映像は何度か見ました。

■警戒するところがあれば教えてください。
小林 栗原選手は当て感もあって、センスのある選手ですね。ストレートが強いイメージです。
 



■前戦、マレーシアでKO勝利しましたね。何か掴んだものはありますか。
小林 メンタル面で、成長できているのかなと思います。試合前に吹っ切れて、今までの経験が生きたと思います。

■タイトル戦も3度目ですし、経験が生きそうですね。
小林 そうですね。そうしなきゃいけないですね。

>>>




ボクモバトップページへ戻る