試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.12.6
日本ウェルター級王者
矢田良太(グリーンツダ)

12/9エディオンアリーナ大阪・第2競技場
日本ウェルター級タイトルマッチ10回戦
矢田良太vs藤中周作

 

矢田良太 先に進むための戦い


 日本ウェルター級王者の矢田良太(グリーンツダ)の2度目の防衛戦が決定した。試合は12月9日(日)、大阪市内のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第2競技場)で開催される「CRASH BOXING.16」のメインイベントで同級10位の藤中周作(金子)を迎えて行われる。前戦の初防衛戦では、序盤にダウンを奪ったものの納得いく戦いができなかったと悔いを残した矢田だが、「次の試合で日本は卒業と言ってもらえるような試合をします」と拳を握った。

 



■2度目の防衛戦が近づいてきました。調整はいかがですか。
矢田 絶好調ですね。バッチリです。

■前戦、KO勝利を収めましたが、反省も多かったようですね。
矢田そうですね、1ラウンド目に倒したのに、そこで決め切れなかったことですね。 前回は練習前からいろいろなことをやりすぎて良くなかったので、今回は前回の失敗を踏まえてしっかり調整できたので、バッチリです。スパーリングも2ヶ月かけてしっかりできました。アピールができなかったですからね。アピールしたいです。



■チャンピオンになって半年が経ちました。生活は変わりましたか。
矢田 そうですね、やっとボクシングにお金をかけられるようになったのは大きいですね。しっかりトレーナーについてフィジカルをやったりできますしね。フィジカルと筋トレの違いも良くわかりました(笑)。

■挑戦者の藤中選手の映像は見ましたか。
矢田 映像は何度か見ました。フィジカル推しでガンガンくるイメージですね。自分と似ている感じですし、噛み合うと思います。



■警戒するところはどこだと思っていますか。
矢田 フックです。ボディにも入れてくるので、そこだけしっかりガードしておけば、倒されないと思っています。

■WBOアジアも東洋太平洋ランキングも上位につけてきましたね。
矢田 僕は次の試合に勝って、日本は卒業して、次のタイトルを狙っていきたいです。会長次第ですね。前回の試合がしょっぱかったのでどうなるかわかりませんけど、次戦はしっかりしたところを見せないといけないと思っています。

>>>




ボクモバトップページへ戻る