試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.11.26
WBOアジアパシフィックLフライ級王者
小西伶弥(真正)

12/1エディオンアリーナ大阪・第2競技場
WBOアジアパシフィックLフライ級タイトルマッチ12回戦
小西伶弥vsリチャード・ロサレス

 

小西伶弥 成長を証明する


    WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王者の小西伶弥(真正)は12月1日(土)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第2競技場)でリチャード・ロサレス(比)を迎えて初防衛戦に臨む。今年、小西は3月の世界挑戦で惜敗し、7月にWBOアジアタイトルを奪取するという激動の1年を送った。来年の世界再挑戦につなげるためにも内容の問われる初防衛戦だが「あの負けが無駄じゃないこと、成長した姿を見せたい」と気合を入れた。疲れの見える時期だが笑顔でインタビューに答えた小西の心境はいかに。



■初防衛戦が近づいてきました。調整はいかがですか。
小西 日本タイトルと合わせると初防衛は2度目です。なかなか疲れがたまっている時期なのですが。しっかり練習を詰めているからこその疲れですからね。うまく調整はできていると思います。

■今年3月の世界挑戦失敗からここまで成長した実感はありますか。
小西 やっぱり世界戦の時は「勝とう勝とう」と言う気持ちが先行しすぎていたと思います。一度負けを経験してからは見つめ直す場面があったので、それが選手としての成長につながっているのではないかなと思います。



■具体的に教えてください。
小西 いろいろと新しいことも試しつつ、自分のボクシングを見つめなおしてやっている感じですね。ワンツーを考えすぎていてボディが少ないですよね。攻めを忘れている。今回はガツガツいこうと思います。

■対戦相手の映像がないようですね。
小西 ちょっとだけ見ました。調子乗りの感じですね。試合中に舌を出したりする映像があったのでね。自分のボクシングを1ラウンド目から出していきたいですね。
 



■どこを重点的に練習していますか。
小西 まとまる練習をしているので、流れに中でボディで崩していきたいですね。

■初防衛戦で世界をアピールしたいところですね。
小西 会長からはもう一度チャンスを作ってくれると言ってもらっているので、そう言う部分でも内容にこだわっていきたいですし、応援してくれている方々も増えてきたので、その方々を喜ばせたいですし答えていきたい。圧勝の内容で勝ちたいですね。
 

>>>




ボクモバトップページへ戻る