試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.11.24
日本女子ミニフライ級3位
佐伯霞(真正)

12/1エディオンアリーナ大阪・第2競技場
WBO-AP女子ミニフライ級王座決定8回戦
ワッサナ・カームデーvs佐伯霞


佐伯霞 世界の扉を開ける


 日本女子ミニフライ級3位の佐伯霞(真正)にプロ3戦目で大きなチャンスが訪れた。12月1日(土)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第2競技場)で開催される「REAL SPIRIT.60」のセミファイナルでWBOアジアパシフィック・ミニフライ級王座をかけタイ国のワッサナ・カームデーと拳を交えることになった。「早く世界チャンピオンになりたい」と語っていた佐伯に世界への扉が開くタイトル挑戦。現在の心境を聞いた。



■念願のタイトルマッチが決まりましたね、調整はいかがですか。
佐伯 順調にきていると思います。

■プロ3戦目での挑戦ですが、怖さはないですか。
佐伯 常に怖いですけど、絶対相手も怖いと思うので、同じ気持ちであれば大丈夫です。



■体重調整はうまくいってますか。
佐伯 はい、残り2kgくらいです。デビュー戦の時は最大6kgぐらい減量して苦しかったので、太らないようにして気をつけています。

■対戦相手の映像は見ましたか。
佐伯 ないんです。だから戦績だけ見てKO率が高いということはパンチを振ってくるんだと思っています。
 



■3戦連続の外国人選手となりましたね。警戒するところがあれば教えてください。
佐伯 プロになって外国人としかしてないので、日本人はわかりませんけど、外国人選手は大体思いっきり振ってくるし、後半失速する選手が多いイメージです。自分は最初悪い動きでも、上がっていくことができるので後半に倒せたら良いですね。とりあえずパンチをもらわないように考えています。

■世界への重要なステップの試合ですが、どのような試合内容を予想していますか。
佐伯 ギリギリな勝利では世界はまだまだと思われるので。綺麗に狙ってKOしてみたいです。相手が倒れる経験がないのでしてみたいですね。
 

>>>




ボクモバトップページへ戻る