試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.11.23
OPBF女子フェザー級・日本同級王者
藤原芽子(真正)

12/1エディオンアリーナ大阪・第2競技場
OPBF女子フェザー級タイトルマッチ8回戦
藤原芽子vs三好喜美佳


藤原芽子 挑戦者の気持ちで


 OPBF東洋太平洋女子フェザー級並びに、日本女子同級2冠王者の藤原芽子(真正)の東洋太平洋タイトル初防衛戦が決まった。試合は12月1日(土)、大阪市内のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第2競技場)で開催される「REAL SPIRIT.60」で前王者の三好喜美佳(川崎新田)を迎えて行われる。ダイレクトリターンマッチ(再戦)となったが戦いについて「やりやすい」と語った藤原。3児の母は世界挑戦を視野に内容の問われる次戦をどのように捉えているのか。調整を続けるジムで話を聞いた。

 



■リターンマッチが近づいてきました。調整はいかがですか。
藤原 バッチリです。鼻声ですけど(笑)。良い感じだと思います。

■再戦というのはいかがですか。やりにくさとかは感じませんか。
藤原 再戦は毎回、やりやすいですね。1ラウンド目でいつも「見える」って思えますね。



■発表会見でも「挑戦者の気持ちで戦う」と言っていましたね。
藤原 そうですね。そこは本当にそういう気持ちで練習もしています。

■2冠王者になってはじめての防衛戦ですが。
藤原 正直、嫌で嫌でしょうがないです(笑)。



■三好選手をどのように見ていますか。
藤原 テクニシャンでスピードのある選手ですね。

■現在の強化ポイントはどこになりますか。
藤原 ブレないバランスです。トレーナーからもそう言われています。

>>>




ボクモバトップページへ戻る