試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.11.21
前WBO-AP女子ミニフライ級王者
多田悦子(真正)

12/1エディオンアリーナ大阪・第2競技場
WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ10回戦
江畑佳代子vs多田悦子

 

多田悦子 全てに対応する


 元WBA・IBF世界ミニフライ級王者の多田悦子(真正)に3本目のベルトをかけた戦いが決まった。12月1日(土)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第2競技場)で開催される「REAL SPIRIT.60」のメインイベントでWBO世界ミニフライ級王者の江畑佳代子(ワタナベ)に挑戦することが決まったのだ。多田は、昨年の11月にWBOアジア・パシフィック同級王座を獲得して1年間、待ちに待った世界タイトル戦。「相手が何をしてきてもすべてに対応する」と元2冠王者は気を吐いた。調整を進めるジムで話を聞いた。
 



■待ちに待ったタイトルマッチが近づいてきましたね。調整はいかがですか。
多田 そうですね。1年間待ちましたからね。江畑さんとはもうないと思っていたところで決まったんですけど、しっかり調整はできています。

■ベテラン対決となりますね。
多田 キャリアは同じくらいじゃないですか。
 



■地元関西でできるのは大きいですか。
多田 そうですね、チケットをたくさん売りましたよ(笑)。

■チャンピオンの江畑選手をどのように分析していますか。
多田 クレバーなチャンピオンですね。やってみないとわからないですけどね。



■警戒するところがあったら教えてください。
多田 カウンターを狙ってくると思いますね。常に動いているイメージなので、そこの対策ですね。

■江畑戦対策のようなものはあるのですか。
多田 相手の対策というより、自分がどうするか。やっぱり自分が相手を動かした方が勝ちでしょう。江畑さんが何をしてきても自分がどう対応するかですね。
 

>>>




ボクモバトップページへ戻る