試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]インタビュー
2018.11.14
元WBA女子世界アトム級王者
宮尾綾香(ワタナベ)

11/20(火) 後楽園ホール
WBA女子世界アトム級暫定王座決定戦
宮尾綾香VS池山直


宮尾綾香 3度目の正直で引導を渡す!
 元WBA女子世界アトム級王者の宮尾綾香(ワタナベ)は、20日に後楽園ホールで前WBO女子同級王者の池山直(フュチュール)とWBA女子同級暫定王座決定戦を争う。小関桃(青木→引退)との王座統一戦で敗れベルトを失った宮尾は、16年12月に池山が保持していたWBO王座に挑戦。一進一退の攻防を繰り広げたが、6回にスリップした際に右膝を負傷。立ち上がったが池山の攻撃でダウンし、王座返り咲きを果たすことができなかった。


 宮尾の足の具合は予想以上に深刻で1年5ヶ月もの間、リングから遠ざかった。しかし、再びベルトを巻きたいという思いを胸に、今年6月にリングに復活し、復帰2戦目でタイトル挑戦のチャンスを得た。



 当初は、王者のモンセラット・アラルコン(メキシコ)に挑戦する予定だったが、アラルコンの怪我により池山との暫定王座決定戦の運びとなった。宮尾は宿敵へのリベンジとベルト奪還に闘志を燃やしていた。



■念願の世界戦が決まりました。最初に話を聞いた時の気持ちを聞かせてください。
宮尾 すぐにでもやりたかったので「やったぁ!」という気持ちです。最初はアラルコンと戦う予定だったので、毎日動画を見ていたりと準備をしていたのですが、ケガで世界戦ができないかもしれないと。ノンタイトル戦を挟むなら試合が流れても仕方がないと思っていたのですが、わりとすぐに暫定王座決定戦で話が進みました。 

■対戦相手は、2年前に拳を交えた池山選手となりました。
宮尾 引退されるというお話を聞いていたので撤回してくれたんだと思いました。私は女子ボクシングが認可されてから3敗していますが、そのうち2人は引退されたのでリベンジする機会がなく負けっ放しでした。ここで雪辱を果たせるのだからナイスタイミングだと思いました。



■前回の池山選手との試合では、ポイントで競っていた中で足を負傷するアクシデントでKO負けとなりました。
宮尾 自爆ですね(苦笑)。スリップした時点でケガをしていて立つのがやっとの状態で、体重をかけた瞬間に立てなかった。あの時は何が起こったのか全然分からなかったし、今まで膝のケガをしたことがなかったので。神経が伝わらないので、立とうとしても力が入らなくて膝が言うことを聞いてくれない状態でした。悔しいですね。

■改めてケガの具合を教えてもらえないでしょうか?
宮尾 右膝前十字靭帯断裂です。手術で3ヶ所切って、内視鏡手術をしました。1ヶ月間入院して2ヶ月で松葉杖が取れました。

>>>




ボクモバトップページへ戻る