試合日程

タイトル戦

選手検索

試合結果

データマニア

TV・ネット欄
Lemino BOXING フェニックスバトル107[日本][日本ユース]
興行ポスター
2023年11月27日(月) 17:50開始
会場:後楽園ホール
入場料:VIP席 16,500円/S席 13,200円/A席 11,000円/B席 8,800円/C席 6,600円
ネット配信
Lemino
2023年11月27日(月) 17:30配信開始
動画名:無料ライブ配信
高田 勇仁
日本ミニマム級王者
WBAミニマム級4位
WBCミニマム級23位
OPBFミニマム級6位
WBO Asia Pacificミニマム級14位

高田 勇仁(25=ライオンズ)
前日計量 47.4kg
VS
森 且貴
日本ミニマム級ユース王者
WBOミニマム級13位
WBCミニマム級19位
WBO Asia Pacificミニマム級10位
OPBFミニマム級14位
日本ミニマム級2位

森 且貴(23=大橋)
前日計量 47.5kg

見どころ:日本ミニマム級王者の高田の2度目の防衛戦。両者は昨年11月に対戦し高田が5回TKO勝ちしている。今年7月の初防衛戦では、ダウンを喫するもしっかりと立て直した。キレ味抜群の左フック、左アッパーに加えて右クロスも主武器となり攻撃のバリエーションが増えた。2度目の挑戦の森は、出入りを活かしたメリハリのある攻撃を得意とするが前戦は、フィジカルの強さで押し切った。充実のチャンピオンか。それともリベンジに燃えるチャレンジャーか。
VS
可兒 栄樹
日本ミドル級1位
可兒 栄樹(22=T&T)
前日計量 72.4kg

見どころ:日本ミドル級1位の可児は、機動力を活かしたテンポの良い攻撃が光る右ボクサーファイター。接近戦で回転力を活かした連打も得意とする。来年のチャンピオンカーニバルに向けて弾みをつけたい。元日本・OPBF東洋太平洋王者のベラミーは、約4年半ぶりのリング。ブランクと体格差をどのように埋めていくか?
渡邊 海
WBO Asia Pacificスーパーフェザー級11位
日本スーパーフェザー級12位

渡邊 海(21=ライオンズ)
前日計量 58.9kg
VS
大谷 新星
大谷 新星(22=真正)
前日計量 58.5kg

見どころ:東西のホープが日本ユース王座を懸けて激突する。渡邉は今年3月に当時の日本ユース・フェザー級王者の英洸貴(カシミ)に挑戦したが2-1の判定負け。今年7月にはジョンジョン・エストラーダ(比)に初回KO勝ちした。Sフェザー級での試合は3戦全勝(3KO)と相性の良さを見せている。スピードを活かした一瞬のキレ味で勝負する。2022年度全日本Sフェザー級新人王の大谷は、フィジカルの強さと当て勘に優れた好戦的なタイプで勝負強さを兼ね備えている。瞬き厳禁のスリリングな攻防が見られそうだ。
VS
並木 翔冴
並木 翔冴(28=宮田)
前日計量 62.9kg

見どころ:中島はタイミングの良いカウンターが魅力の右ボクサーファイター。これがB級初戦となる。並木は距離を潰しながら力強い左右フックで攻め立てる右ファイター。KO決着濃厚だ。
VS
海野 利樹
海野 利樹(27=伴流)
前日計量 56.2kg

鈴木 龍
鈴木 龍(23=元気)
前日計量 64.1kg
VS

門岡 健人
デビュー戦
門岡 健人(17=八王子中屋)
前日計量 61.2kg
VS
横山 雅徳
デビュー戦
横山 雅徳(21=厚木ワタナベ)
前日計量 61.9kg

本田 優貴
デビュー戦
本田 優貴(23=八王子中屋)
前日計量 47.4kg
VS
笠原 聡浩

チケット窓口&お問合せ:
八王子中屋ジム
TEL.042-622-7222

試合日程

試合結果

トーナメント

ランキング

選手検索

TV・ネット欄

王者一覧

タイトル戦

階級別特集

インタビュー

有料試合動画

データマニア

待受写真

全国ジム検索

注目選手

海外試合日程

海外試合結果

海外選手検索

海外注目戦

海外情報

基礎知識

ボクモバ投票

勝ちメシ

レッスン

ボクモバ占い