試合日程

タイトル戦

選手検索

試合結果

データマニア

TV・ネット欄
CRASH BOXING vol.26 in 枚方 矢田良太引退記念興行
興行ポスター
2022年8月7日(日) 14:00開始
会場:大阪・枚方市総合体育館
下町 俊貴
WBO Asia Pacificスーパーフェザー級6位
OPBFスーパーバンタム級9位
日本スーパーバンタム級9位

下町 俊貴(27=Gツダ)
前日計量 57.1kg
VS
水野 拓哉
水野 拓哉(28=松田)
前日計量 57.1kg

見どころ:ジムのエース、下町が今回もメインイベンターを務める。今年4月にジェリー・カストロ・ヴェルデ(石田)との激戦を制し12連勝を飾った。上下の打ち分けと多彩なコンビネーションが光る技巧派サウスポーで勝負根性もある。元日本ユース王者の水野は、2年ぶりのリング。気持ちが強い激闘型で日本ランキングにも名を連ねていた。連敗を脱出しランキング返り咲きを目指す。
前田 稔輝
WBO Asia Pacificフェザー級2位
OPBFスーパーフェザー級12位
日本フェザー級5位

前田 稔輝(27=Gツダ)
前日計量 57.8kg
VS
ジュンリエル ラモナル
OPBFスーパーバンタム級5位
ジュンリエル ラモナル(34=比)
前日計量 57.5kg

見どころ:9戦全勝(4KO)、日本6位の前田は、今年2月に後楽園ホールで木村蓮太朗(駿河男児)とのホープ対決を制した。タイミング抜群の左ストレートは将来のチャンピオンを予感させる。元WBO-AP王者のラモナルは、かつて和氣慎吾(FLARE山上)や久我勇作(ワタナベ)にKO勝ちした強打者。決定力の高い右オーバーハンドには警戒が必要そうだ。初の外国人選手対決となる前田に注目!
VS
石脇 麻生
石脇 麻生(24=石田)
前日計量 66.4kg

見どころ:石脇は、昨年の大晦日以来の再起戦。ウェルター級で再出発を図る。タイ国スーパーライト級王者アッチャリアは12戦全勝(11KO)。石脇としては多彩な左でしっかりと組み立てていきたい。
シットヒサク シムシー
WBAミニマム級10位
WBO Asia Pacificミニマム級3位

シットヒサク シムシー(22=タイ)
前日計量 48.4kg
VS
川満 俊輝
WBCミニマム級38位
川満 俊輝(28=三迫)
前日計量 48.6kg

見どころ:川満は、昨年7月に当時のWBO-AP王者の重岡銀次朗(ワタナベ)に挑戦して以来の再起戦。持ち前の強打で世界ランカーに挑む。タノンサック・シムシーの弟で世界9位のシットヒサクは12戦全勝(12KO)のサウスポー。思い切りの良い左ストレートと左ボディアッパーでKOの山を築いている。両者とも好戦的なタイプでKO決着必至だ!
柴田 尊文
柴田 尊文(25=Gツダ)
前日計量 66.6kg
VS

見どころ:柴田は、ガッチリとガードを固めながらコンパクトなパンチで攻めたてる右ファイター。アマチュアキャリアがありB級デビューだが、ハードマッチメークで力をつけている。芦沢は、今年9月の誕生日でボクサー定年の37歳を迎える。184pの長身から打ち下ろす右ストレートと接近戦でのショートアッパーが光る。序盤から激しい打撃戦が予想される。
高埜 響
高埜 響(25=Gツダ)
前日計量 52.0kg
VS
米田 優大
米田 優大(24=泉北)
前日計量 52.1kg

見どころ:高埜は今年4月以来の再起戦。前戦は、森野大地(フュチュール)のパワーに巻き込まれたが、ジャブを軸としたテンポの良い攻撃を見せたい。米田は、今年5月に試合を予定していたが対戦相手の棄権で中止。今年2月以来の再起戦となる。勝ち負けを繰り返しているだけに、浮上のきっかけを掴みたい。
VS
犬塚 音也
犬塚 音也(21=松田)
前日計量 53.1kg

VS

※漆原棄権 試合中止

試合日程

試合結果

トーナメント

ランキング

選手検索

TV・ネット欄

王者一覧

タイトル戦

階級別特集

インタビュー

有料試合動画

データマニア

待受写真

全国ジム検索

注目選手

海外試合日程

海外試合結果

海外選手検索

海外注目戦

海外情報

基礎知識

ボクモバ投票

勝ちメシ

レッスン

ボクモバ占い