試合日程

タイトル戦

選手名鑑

試合結果

データマニア

TV・ネット欄
矢吹正道(緑)再起戦
興行ポスター
2022年9月10日(土) 15:30開始
会場:三重・四日市市総合体育館
入場料:¥S席20,000/A席¥15,000/B席¥10,000/2階スタンド席¥3,000/
矢吹 正道
WBOライトフライ級9位
WBCライトフライ級10位
WBAライトフライ級15位

矢吹 正道(29=緑)
VS
タノンサック シムシー
WBOライトフライ級5位
WBAライトフライ級9位
WBO Asia Pacificライトフライ級8位

タノンサック シムシー(22=タイ)

見どころ:前WBC世界ライトフライ級王者矢吹の再起戦。寺地拳四朗(BMB)との再戦に敗れて王座を陥落した矢吹だが、世界王座返り咲きを目指しリングに戻ってきた。豪快なKO勝ちで元気な姿を見せたいところだ。序盤の攻防に注目していきたい。グリーンツダジムと契約しているタイ人ボクサー、タノンサックは23戦全勝(21KO)。知名度のある矢吹を撃破し世界戦線に名乗りを上げたい。KO決着濃厚の一戦となりそうだ。

村上 勝也
WBO Asia Pacificフライ級9位
日本フライ級10位

村上 勝也(27=名古屋大橋)
VS

見どころ:4連勝中の日本10位の村上は、ジャブを軸にワンツー主体のスタイリッシュな右ボクサー。矢吹正道(緑)とのスパーリングで着実に力をつけている。見村は今年5月に再起に成功した。前戦は、ジャブから角度のある左ボディ、ショートアッパーでKO勝ちし進化した姿を見せた。両者ともフライ級では長身だ。ジャブの差し合いを制した方がペースをガッチリと握りそうだ。
VS
仁平 宗忍
日本スーパーフライ級13位
仁平 宗忍(28=ワタナベ)

見どころ:溝越は今年3月以来の再起戦。足を使いながら着実にポイントを奪う右ボクサーでタイミング抜群のカウンターが魅力だ。ランキング入りに闘志を燃やす。日本13位の仁平は、昨年8月以来のリング。グイグイと距離を詰めて回転力を活かした連打で勝ち上がってきた。これまで17戦中7戦を敵地で戦っている。仁平が打撃戦に持ち込むか?それとも溝越が冷静に捌くか!?
VS

見どころ:鈴木は、フィジカルの強さを活かしながら豊富な手数で攻める激闘タイプ。劣勢でも諦めない勝負強さを持つ。前半からペースを握りたいところだ。2020年12月の東日本新人王決勝戦以来の試合となる平井は、ミニマム級から上げての復帰戦。こちらもプレスをかけながら豊富な手数で攻め落とす右ファイターだ。
VS

見どころ:両者は昨年12月に対戦し東が5回負傷判定勝ちしている。連敗脱出を目指す西川と返り討ちしたい東の意地がぶつかり合う。
知賀 竜一
デビュー戦
知賀 竜一(22=緑)
VS

VS

チケット窓口&お問合せ:
緑ジム
TEL.052-623-6767