試合日程

タイトル戦

選手名鑑

試合結果

データマニア

TV・ネット欄
第613回ダイナミックグローブ[日本]
興行ポスター
2022年6月13日(月) 17:45開始
会場:後楽園ホール
入場料:¥リングサイド12,000/指定A席¥10,000/指定B席¥8,000/指定席C席¥6,000
TV放送予定
日テレジータス
2022年6月13日(月) 17:45開始
番組名:ダイナミックグローブ
中谷 正義
WBCライト級13位
OPBFライト級1位

中谷 正義(33=帝拳)
前日計量 62.0kg
VS
ハルモニート デラ トレ
WBO Asia Pacificライト級13位
ハルモニート デラ トレ(28=比)
前日計量 61.5kg

見どころ:世界ランカーの中谷がワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)戦以来、約1年ぶりの復帰戦に臨む。昨年6月にラスベガスのリングに上がった中谷は、世界最高峰の技術を持つロマチェンコに最後まで食い下がったが涙を呑んだ。この経験を糧に世界を目指す。拳を交えるデラトーレは、2019年10月に吉野修一郎(三迫)とOPBF・WBO-AP王座決定戦をお混って以来2度目の来日となる。中谷が後楽園ホールのリングに上がるのは8年5ヶ月ぶりとなる。中谷のパフォーマンスに期待!
永野 祐樹
OPBFウェルター級2位
WBO Asia Pacificウェルター級4位
日本ウェルター級1位

永野 祐樹(33=帝拳)
前日計量 66.5kg
VS
小畑 武尊
日本ウェルター級ユース王者
WBO Asia Pacificウェルター級7位
OPBFウェルター級15位
日本ウェルター級2位

小畑 武尊(23=D東保)
前日計量 66.6kg

見どころ:日本王者の小原が負傷したため行われる暫定王座決定戦。前日本王者の永野は、強烈な左ストレートを武器に対戦相手をキャンバスに沈めてきたハードパンチャー。重厚からプレスから打撃戦に持ち込み打ち勝ってきた。小原へのリベンジのためにもここは負けられない。日本ユース王者の小畑は、昨年3月に衝撃の初回KO勝ちでユース王座獲得に成功。同年9月には、地元別府で凱旋試合を飾った。巧みなボディワークと多彩なコンビネーションが魅力のテクニシャンで頭角を現してきた。勝てばダッシュ東保ジム初の日本王者誕生だ。サウスポー同士の一戦はKO決着必至!
中野 幹士
OPBFフェザー級9位
日本スーパーフェザー級16位

中野 幹士(26=帝拳)
前日計量 57.0kg
VS
ファニト パレデス
比国フェザー級5位
ファニト パレデス(30=比)
前日計量 56.8kg

見どころ:デビューからここまで圧倒的な強さを見せている中野のプロ6戦目。約1年半ぶりのリングで存在感示したい。初来日のフィリピン・フェザー級5位のパレデスは17戦9勝(4KO)7敗1分のオーソドックススタイルだ。中野の左がどこで爆発するのかに期待が高まる。
福井 勝也
日本スーパーバンタム級17位
福井 勝也(25=帝拳)
前日計量 55.3kg
VS
ジェイソン ブエナオブラ
比国バンタム級5位
ジェイソン ブエナオブラ(27=比)
前日計量 54.6kg

見どころ:ここまで3戦全勝(2KO)の福井は、昨年3月に現日本ユース・スーバーバンタム級王者の英洸貴(カシミ)に判定勝ちした実力者。拳を交えるブエナオブラは、2020年2月に来日し元世界王者の比嘉大吾(志成)に6回TKO負けを喫した。プロ4戦目で初のサウスポーとの対戦を迎える福井に注目!
村田 昴
村田 昴(25=帝拳)
前日計量 53.4kg
VS

見どころ:昨年6月に米国ラスベガスでデビューした村田は、プロ2戦目で日本のリングに上がる。初来日のティフは9戦6勝(2KO)1敗2分のオーソドックススタイル。村田の豪快なKOに期待!
金子 虎旦
デビュー戦
金子 虎旦(24=帝拳)
前日計量 57.0kg
VS
パシス ウィセッソ
タイ・Sバンタム級9位
パシス ウィセッソ(タイ)
前日計量 56.9kg

見どころ:アマチュア69戦56勝13敗、インターハイ準優勝の実績を持つ金子がデビュー戦を迎える。2020年9月にプロテストに合格したがなかなか相手が決まらなかったが、ついにプロのリングに立つ。タイ・スーパーバンタム級9位のウィセッソに完勝し初陣を飾りたい。
VS
宇野 楓麻
デビュー戦
宇野 楓麻(33=花形)
前日計量 51.8kg

チケット窓口&お問合せ:
帝拳プロモーション
TEL.03-3269-6667