試合日程

タイトル戦

選手名鑑

試合結果

王者一覧

テレビ欄
ダイナミックグローブ.599
2021年3月25日(木) 17:45開始
会場:後楽園ホール
李 健太
李 健太(25=帝拳)
前日計量 63.5kg
VS
石脇 麻生
日本スーパーライト級18位
石脇 麻生(22=寝屋川石田)
前日計量 63.5kg

見どころ:プロ転向4戦目を迎える李がメインイベンターに抜擢された。長身サウスポーの李は、アマ仕込みのテクニックで着々とプロの水に慣れている。拳を交える石脇は、昨年12月の日本ユース王座戦以来の再起戦。アグレッシブな姿勢からカウンターを得意とする。危険なパンチが交錯するスリリングな攻防が見られそうだ。
川端 遼太郎
川端 遼太郎(31=真正)
前日計量 55.1kg
VS
高橋 竜也
WBO Asia Pacificバンタム級11位
日本バンタム級7位

高橋 竜也(32=土浦)
前日計量 55.2kg

見どころ:48戦目を迎える高橋と日本ランキング入りを目指す川端の対戦。激闘型の高橋だが、ここ数戦はジャブから丁寧な組み立てを見せている。川端としては乱打戦に持ち込みチャンスを作っていきたい。
玉山 将也
日本ウェルター級3位
玉山 将也(28=帝拳)
VS

※近藤棄権 試合中止

見どころ:日本ランキング3位の玉山は、フィジカルが強く平均値が高い右ボクサーファイター。念願のタイトル戦に向けてランキングを落とすわけにはいかない。A級初戦でランカーに初挑戦する近藤は、左右のロングフックを振り回すパンチャーで、ショート連打も打てる右ファイターだ。
福井 勝也
福井 勝也(25=帝拳)
前日計量 55.2kg
VS
英 洸貴
日本スーパーバンタム級19位
英 洸貴(23=カシミ)
前日計量 55.3kg

見どころ:アマチュア75戦のキャリアでプロに転向した福井が、3戦目で日本ランカーにアタックする。英は昨年8月の日本ユース王座戦以来の再起戦。伸びのある右ストレートと角度のある左ボディが武器の英に対し、プロ入り初の日本人対決となる福井がどのように対抗するのか。
藤田 健児
藤田 健児(28=帝拳)
前日計量 57.0kg
VS
木村 元祐

見どころ:アマチュアで輝かしい実績を残した藤田のデビュー戦。兵庫県加古川から乗り込んでくる木村は、6戦連続で後楽園ホールのリングに上がる。変則スタイルから思い切りの良い攻撃を仕掛ける木村に対し、プロ仕様のスタイルで臨む藤田のパフォーマンスに注目だ。
橋本 拓海
橋本 拓海(24=帝拳)
前日計量 63.3kg
VS
並木 翔冴
並木 翔冴(26=宮田)
前日計量 63.1kg

チケット窓口&お問合せ:
帝拳プロモーション
TEL.03-3911-5222