ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[世界戦発表会見]2013.10.31

12月3日和毅も登場

12月3日和毅も登場

 日本人初のWBO世界王者となった亀田家の三男で、WBO世界バンタム級王者の亀田和毅が31日、都内の亀田ジムで会見を開き、12月3日に初防衛戦を行うことを発表した。
ナイジャラ
 初防衛戦の相手はランキング6位のイマヌエル・ナイジャラ(28=ナミビア)。18戦17勝(11KO)無敗1分の右ボクサーファイター。和毅にベルトを奪われたパウルス・アンブンダと同門の盟友とあって、敵打ちに闘志を燃やしているという。
スペイン語が堪能な和毅
 これまでも活動の拠点としてきたメキシコへ9月中旬、凱旋報告に出向いた和毅は、300人以上の地元ファンに空港で迎えられたと胸を張った。しかし、将来は言語力を生かしてデラホーヤのように国際的なプロモーターになりたいと話す一方で「日程の関係もあって、十人以上に断られた。決まってホッとした」と、初防衛戦の相手探しに苦労したという。それでも「今回は日本人には声をかけなかったが、出来れば山中慎介選手と統一戦をやりたい」と来年の抱負を語った。
真価が問われる和毅
 今回の挑戦者は身長が170cm。これに関しては「小さい相手は中に入ってくるからやりにくい。背丈が同じぐらいのほうがいい」と笑顔で語った。
大勢の報道陣
 「対戦相手が決まらなかったから、スパーリングパートナーを探すのも苦労した」という和毅によると、12月の初防衛戦に向けて、パートナーを海外から3人招聘するとのこと。
12月3日、大阪に注目!
 4年半ぶりに国内のリングに上がるIBF世界ミニマム級王者、高山勝成(仲里)の防衛戦と亀田家の次男でIBF世界スーパーフライ級王者、亀田大毅とWBA世界同級王者、リボリオ・ソリス(ベネズエラ)による王座統一戦が開催される12月3日のボディメーカーコロシアム(大阪市内)で、チャンピオンの和毅がWBO世界バンタム級の初防衛戦を行う。今年四月にJBCの認定を受けたIBFとWBOの世界戦。真価が問われる主要四団体時代の幕開けに注目したい。
ボクモバトップページへ戻る