ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[動画・世界戦発表会見]2013.9.26

両国国技館が熱くなる

両国国技館が熱くなる

 26日、2020年東京オリンピックでボクシングの試合が開催される予定の両国国技館で、11月10日にダブル世界戦が行われることが発表された。
 この試合の模様は、TOUCH! WOWOW 2013 エキサイトマッチスペシャルで放送される。
左から山中、リナレス、粟生
 この日は、WBC世界バンタム級王者、山中慎介(帝拳)と元世界2階級王者の粟生隆寛(帝拳)とホルヘ・リナレス(帝拳)が揃って会見を開いた。
山中慎介
■WBC世界バンタム級タイトル戦
王者・山中慎介(帝拳)
VS
挑戦者、同級8位
アルベルト・ゲバラ(メキシコ)

 「攻撃力も癖も感じない。バックステップ、足を動かす選手なので捉えにくいかもしれない」と挑戦者の印象を語った山中は「体重を乗せてパンチが打てるようになっている。中盤以降になると思うが、左で倒す」と抱負を語った。
粟生隆寛
 10回戦のリングに上がる予定の粟生は「ライト級契約になると思うが、どのように準備するかだと思う」と静かに語ると「自分が動ける階級を見極める試合」と王座奪還を視野に入れ、静かに闘志を燃やした。
ホルヘ・リナレス
■WBA世界ライト級タイトル戦
王者・リチャード・アブリル(キューバ)
VS 挑戦者、同級3位
ホルヘ・リナレス(帝拳)
 今週の成田キャンプで世界挑戦の話を伝えられたリナレスは「パンチはないけど背が高くてコンビネーションがくるから気をつけないといけない」とチャンピオンの印象を語ると「3階級制覇を目指して頑張る」と日本語で会見を終えた。
コンディションはバッチリ
 11月10日はスペシャルマッチとして、WBA世界ライトフライ級スーパーチャンピオン、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の10回戦も予定されている。
ボクモバトップページへ戻る