ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合速報・随時更新]2012.12.31

2012大晦日世界戦

2012大晦日世界戦

【続きを読む】を押すと、本日開催中の世界戦の結果が表示されます。各世界戦が終了次第、内容が更新されますので 尚、試合の放送スケジュールは以下の通りです。

TBS 18:00〜 大晦日スポーツ祭り WBA世界Lフライ級王座決定戦 井岡一翔(井岡)vsホセ・ロドリゲス(メキシコ) WBA世界ミニマム級王座決定戦 宮崎 亮(井岡)vsポンサワン・ポープラムック(タイ)
テレビ東京 21:30〜 3大世界戦 WBA世界Sフェザー級王座統一戦 内山高志(ワタナベ)vsブライアン・バスケス(コスタリカ) WBC世界Sフライ級TM 佐藤洋太(協栄)vs赤穂亮(横浜光) WBA世界Sフライ級TM テーパリット・コーキャットジム(タイ)vs河野公平(ワタナベ)
歓喜の瞬間
WBA世界Sフライ級タイトルマッチ12回戦
テーパリット・コーキャットジムvs河野 公平
試合結果
勝者:河野 公平
4R2分8秒KO
試合:河野が悲願達成!!ゴングと同時に挑戦者・河野はガードを固めワンツー・左ボディで詰めるが、王者テーパリットも下がることなく左フック・右クロスを返し、序盤から激しいパンチの応酬となる。しかし4R、打撃戦の展開になるも、河野の左フックがカウンターでテーパリットのアゴを打ち抜きダウンを奪う。立ち上がる王者だが挑戦者は攻撃の手を緩めず、ワンツー・左フック・右クロスでダウンを追加する。そして河野は再び立ち上がるテーパリットに一気のワンツー連打を浴びせると、王者はキャンバスに崩れ落ちた。河野が三度目の正直でWBA世界スーパーフライ級タイトルを獲得した。★
世界王者の宮崎亮


WBA世界ミニマム級王座決定12回戦
宮崎 亮vsポンサワン・ポープラムック
試合結果
勝者:宮崎 亮
判定2-1
113-114,116-112,116-111
試合:ガードの固いポンサワンの周りを時計回りにゆっくり足を運ぶ宮崎。プレスをかけるポンサワンと接近戦でボディとアッパーを打ち合う宮崎は3R、ポンサワンの右フックに腰を落としたが立ち直る。中盤以降、左ボディから左フックでリズムを作る宮崎に両ボディとフックで前に出続けるポンサワン。両者我慢比べの展開。10R、偶然のバッティングでポンサワンが左まぶたをカット。ブレイク後の加撃でポンサワンに1点減点。11R、左ボディからの左フックが効いたポンサワンを宮崎が一気にまとめにかかるが仕留め切れず。会場は大興奮。最終Rも足を止めずに先にしかけた宮崎。試合後、両者はかたい握手を交わした。宮崎勝利。悲願達成!


WBC世界Sフライ級タイトルマッチ12回戦
佐藤 洋太vs赤穂 亮
試合結果
勝者:佐藤 洋太
判定3-0
117-112,118-110,117-112
試合:佐藤がライバル対決を制す!!両者はジャブで間合いを測るが 、王者・佐藤の右ストレートが挑戦者・赤穂を捕えオープニングヒットを奪う。佐藤はジャブでリズムを作って赤穂の出足を阻み、右ストレートで顔面を跳ね上げる。4R終了時、ジャッジは3-0で佐藤を支持。中盤、挑戦者は左フックで詰めるが、王者はバックステップで空を切らせる。ラウンドを重ねるごとに佐藤のジャブは冴え渡り、的確に赤穂の顔面に突き刺さる。8R終了時、ジャッジは3-0で佐藤がリード。終盤、赤穂のプレスに佐藤はロープを背負うも、ブロック・スウェー・ダッキングと巧みなディフェンスで連打を許さず強打を空転させる。最終12R開始直後、停電のアクシデントが発生するも、最後まで佐藤は鋭いジャブで試合と赤穂をコントロールし、右ストレートでポイントアウト。佐藤が赤穂との因縁に終止符を打ち、WBC世界スーパーフライ級王座V2に成功した 。★


WBA世界Lフライ級王座決定12回戦
井岡 一翔vsホセ・ロドリゲス
試合結果
勝者:井岡 一翔
6R2分50秒TKO
試合:1R、右アッパー、左ボディ、右フックの連打で早くも一翔がダウンを奪った。立ち上がったロドリゲスは2R、プレスをかけながら一翔の打ち終わりにカウンターを狙うが、ガードを緩めない日本人初の世界統一王者。やや勝ち急いだ一翔が3Rにプレスをかけるとロドリゲスも接近戦で左フックを当てる。5R、右ストレートを打ち込む一翔の攻撃にロドリゲスは左目尻をカット。6R、右ストレートでダウンを奪った一翔が立ち上がったロドリゲスに右ストレートをもう一発!


WBA世界Sフェザー級王座統一12回戦
内山高志vsブライアン・バスケス
試合結果
勝者:内山高志
8R3分00秒TKO
試合:内山の豪打が唸る!!暫定王者バスケスはワンツー・左フックと回転の速い連打で仕掛けるが、正規王者・内山はブロック・バックステップでヒットを許さない。ジワジワと内山は圧力を掛けバスケスを下げると、右ストレート・左フックで顔面を捕える。中盤、内山はジャブで距離を測り左ボディでバスケスの身体を「くの字」にし、右アッパー・右ストレートで仰け反らせる。すると8R、内山の左フックにアゴを貫かれたバスケスがたたらを踏む。このチャンスを内山は逃さず、ワンツー・左フック・右ストレートと怒涛の連打をバスケスに浴びせると、堪らずレフェリーが暫定王者を抱き止めた。内山がタイトルを統一すると同時に、WBA世界スーパーフェザー級王座V6に成功した。★★
ボクモバトップページへ戻る