ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合結果]2012.11.11

3団体H級戦クリチコVSワフ

3団体H級戦クリチコVSワフ

 WBA(スーパー)、IBF、WBO3団体統一世界ヘビー級タイトルマッチ、王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)対挑戦者マリウス・ワフ(ポーランド/米)の12回戦は10日(日本時間11日)、ドイツのハンブルグで行われた。
拡大写真
○ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)
 12回判定(3対0)
●マリウス・ワフ(ポーランド/米)

拡大写真
 試合は細かい左ジャブの突き合いで始まったが、すぐにクリチコが右ストレートをヒットして主導権を握った。クリチコを上回る体格のワフも左を伸ばすが、スピードと精度で劣るため効果的なパンチとはならない。カギとみられた左の突き合いで分が悪いとみたのか、ワフは4回から距離を詰めようとして前進したが手数が少なくペースをつかむことはできなかった。
拡大写真
 挑戦者の唯一の見せ場は5回終盤のこと。右をヒットしてクリチコをロープ際まで後退させたのだ。なおも後続打を放ったワフだが、フォローのパンチを打ち込むことはできなかった。
拡大写真
 6回からは再びクリチコのペースに戻った。長く正確な左ジャブで顔面を弾き、折々に右もヒット。この試合最大の山場となった8回にはクリチコが何度もワンツーを叩きこんでワフにロープを背負わせ続けた。反撃打が皆無で防戦一方となったワフだが、なんとか耐え忍んで窮地を乗り越えた。
俳優シルベスター・スタローン氏も祝福
 これでやや打ち疲れたクリチコは終盤、足と左ジャブを多用、リスクを低く抑えるボクシングに切り替えた。11回には左目尻をカットしたが、大事に至ることはなかった。
 採点は二者が120対107、もうひとりも119対109と大差をつけていた。13度目の防衛に成功した36歳のクリチコは62戦59勝(50KO)3敗。ワフは28戦27勝(15KO)1敗。
ボクモバトップページへ戻る