ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[意気込み]2012.7.6

山口、WBCユースタイトルに挑戦

山口、WBCユースタイトルに挑戦

 2010年度ライトフライ級全日本新人王で現日本同級7位の山口隼人(TEAM10COUNT)が、 今月21日に比国マニラ市でWBCユースインターコンチネンタル・フライ級王座に挑む。
 山口は昨年11月、日本ライトフライ級王者・黒田雅之(川崎新田)に挑むも判定2-1で敗れ王座奪取に失敗。さらに今年に入り 右指を骨折し、復帰初戦は無念の棄権となった。全日本新人獲得の栄誉から一転、挫折を味わい続けた山口のタイトルに懸ける思いとは…。
拡大写真
日本Lフライ級7位
山口隼人(TEAM10COUNT)

■8ヶ月ぶりの復帰戦がタイトル挑戦になりましたが?
山口 前回の挑戦で、本当に悔しい思いをしました。あんな思いを2度と繰り返したくはない。 8ヶ月ぶりの復帰戦ですが、ここはチャンスとして全力でいきます!必ず獲ります!!

■サウスポーの王者クリス・パウリーノは19歳と若く勢いがありそうですね。相手の情報は?
山口 YouTubeで練習の映像を見ました。ワンツーのハンドスピードは速そうですが、 攻防はまとまっていない感じを受けました。戦績8戦8勝(2KO)とKO数は少ないですが、力のあるこれからの選手だと思います。
昨年の黒田戦
■相手の入り際に右フックを多用していましたが、プレスには弱そうですね。
山口 右ジャブが少ないので僕の左ジャブからの攻撃が効きそうです。上手くリズムを掴み、あきらめずに圧力を掛け続けたいですね。

■7月のマニラ市は暑そうですね。
山口 海外は旅行を含めて初めてなので、まったくわかりません(笑)。並みの暑さじゃないでしょう。怖いですね。

■ここまでの調整は?
山口 怪我が治って、2ヶ月前から本格的に練習が再開できました。少し疲れが出ていたので、鳥海会長からも言われて今は身体を休めています。 試合の2日前に出発しますが、本番までにはバッチリ整えます。
タイトル奪取に期待!
■今回はフライ級での挑戦ですが、今後は?
山口 ウェイトはライトフライがベストですが、フライはアマでもやってましたし、チャンスがある方で戦っていきます。

■最後にタイトルに懸ける意気込みと、ファンへのメッセージを。
山口 必ずベルトを持って帰ってきます!日本から応援のエネルギーを送ってください。お願いします!!

 WBCユースインターコンチネンタル王座は、原則21歳以下(近年は年齢制限が曖昧)のボクサーに挑戦資格があるWBCが認定するタイトルで、亀田和毅(亀田)が'10年にスーパーバンタム級を獲得している。
 プロ12戦目、22歳で2度目のタイトル挑戦に臨む"弾丸小僧"山口隼人の、黒田を苦しめた闘志溢れるファイトに期待したい!
ボクモバトップページへ戻る