ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後会見]2022.9.17

ダウン応酬! まさに死闘!

ダウン応酬! まさに死闘!

 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者の坂晃典(30=仲里)対同級3位の奈良井翼(22=RK蒲田)の一戦が17日、メルパルクホール大阪で開催された「3150FIGHT SURVIVAL.vol.1」のメインイベントとして行われた。

 OPBF王座戦以来の再起戦に臨んだ坂が、V2を達成したのか? それともタイトル初挑戦の奈良井が、東京にベルトを持ち帰ったのか? 強打者同士によるタイトル戦。勝利の女神が微笑んだのはーー。試合は初回から大きく動いた! 
死闘を制したのは坂晃典(仲里)!
 試合後、亀田興毅ファウンダーが「これは年間最高試合でしょう!」と興奮気味に語ったが、ボクシングの魅力が詰まった名勝負だった。初回、挑戦者の奈良井が、右ストレートでダウンを演出。慌てずにじっくりと攻めて、これ以上ないスタートを切った。続く回も、奈良井がグイグイと攻め立てた。ピンチの坂は、3回に上下のコンビネーションから右ストレートでグラつかせて反撃。しかし、奈良井は、4回に右ストレートで、2度目のダウンを奪った。厳しい局面に立たされた坂だが、5回に右カウンターで、ついにダウンを演出。一気にピンチになった奈良井だが、懸命にパンチを返して、勝利への執念を見せた。6回、坂はボディへの連打でダウンを奪うと、連打でレフェリーストップ! 逆転KO勝ちで、2度目の防衛に成功した。
「気持ちは折れなかった」
 2度のダウンを喫したものの、最後は王者の底力を見せた坂。「2回目のダウンで、フラフラしてしんどかったが、気持ちが折れることはなかった。奈良井選手は、想像していたより追撃のパンチが強かった。途中採点で負けていたが、どこかで倒そうと思っていた」と激戦を振り返ると、「応援してもらっている人たちに、たくさんの愛をもらっているので、ワクワクしてもらおうと思いリングに上がった。少しは恩返しができたと思う」と笑顔を見せた。

首の皮が一枚つながった

 それでも「お客さんには、ハラハラドキドキしてもらったが、良くない試合をしてしまった。圧倒しないといけなかったので、そこは反省です」と内容には決して満足はしていないようだ。リング上で「首の皮が一枚つながった」と安堵の表情を見せた坂は、「誰と戦いたいとかはない。決まった試合を戦っていきたい」と話した。
あと一歩だったが…
 一方、ベルトに手をかけたが、引き剝がすことができなかった奈良井は「練習してきたことがハマったが、詰めが甘かった。どこかで気が抜けてしまい、パンチを浴びて反応が鈍くなってしまった。あと少しで、チャンピオンに手が届かなかった」と悔し涙を流した。

 それでも、この日の奮闘は評価を上げたことは言うまでもない。「今日、悪かったところを直してまた挑みたい」。22歳の若武者は再び立ち上がる。
「奈良井選手にまた出てほしい」
 亀田ファウンダーは「全員がこの舞台で活躍したいと、普段以上に力を出していたと思う」と話すと、「今日、一番惹きつけられたのは、奈良井選手。この試合で、一皮も二皮も剥けたのではないか。また、3150FIGHTに出てほしい。そして、勝ち切った坂選手の底力も良かった」と日本タイトルマッチを絶賛した。
採点表
ボクモバトップページへ戻る