ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[海外試合]2022.9.4

エストラーダ再起戦&IBFライトフライ級決定戦

エストラーダ再起戦&IBFライトフライ級決定戦

 メキシコ・ソノラ州エルモシーヨで、3日(日本時間4日)、WBC(ボクシング評議会)フランチャイズ・スーパーフライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(32メキシコ)が、1年半ぶりのリング復帰戦を、WBC同級23位のアルジ・コルテス(27=メキシコ)を相手に決行した。

 アンダーカードでは、IBF(国際ボクシング連盟)ライトフライ級王座決定戦、IBF同級1位シベナティ・ノンティンガ(23=南アフリカ)と、同級3位エクトル・フローレス(29=メキシコ)が、空位の世界王座を争った。

エストラーダが辛くも判定勝利

 序盤からフランチャイズ王者のエストラーダは、プレッシャーをかけて、パンチを繰り出すと、コルテスも打ち返して対抗。すると、中盤からはコルテスが予想以上の健闘を見せ、右でエストラーダを何度もロープ際に追い込んだ。しかし7回、エストラーダの左ボディでコルテスがダウン。反撃に出るエストラーダは、終盤から疲労が表に出て来たコルテスを、更にフックで追い込む。最後まで撃ち合いとなり、終了のゴング。判定は3-0(115-112×2、114-113)で、エストラーダがフランチャイズ王座の防衛に成功した。

12月3日ロマゴンvsエストラーダ3決定!

 苦戦するも、約1年半振りのに復帰を果たしたエストラーダは、12月3日(日本時間4日)にローマン・ゴンザレス(35=帝拳/ニカラグア)とのラバーマッチ、第3戦が正式決定したことを、配信するDAZNより発表された。

 エストラーダの戦績は、46戦43勝(28KO)3敗。大善戦するも敗れたコルテスは、28戦23勝(10KO)3敗2分とした。

ノンティンガがダウンを奪い世界初載冠

 初回にジャブを打って出たノンティンガに、フローレスは右ストレートで対抗。すると、続く2回、ノンティンガが右で先制のダウンを奪った。フローレスは、反撃とばかりにフックで攻勢に出て、試合は終盤に突入。共に疲れが見えてきてはいるものの、頭がぶつかる距離でパンチを出し合い、試合は終了。判定は、2者が114-113、116-111でノンティンガ、1者が115-112でフローレスと割れたが、ノンティンガが空位のIBFライトフライ級王座を獲得した。

 世界初挑戦を完全アウェイで迎えるも、見事に載冠を果たしたノンティンガの戦績は、11戦全勝(9KO)。地元で健闘するも、初敗北となったフローレスは、25戦20勝(10KO)4分1敗とした。

ボクモバトップページへ戻る