ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[非公開練習]2021.11.4

井上尚弥と田中恒成が横浜でスパーリング

井上尚弥と田中恒成が横浜でスパーリング

 WBA・IBF世界バンタム級統一王者で12月14日(火)に両国国技館で防衛戦を迎える井上尚弥(28=大橋)が4日、横浜市内にある所属先の大橋ジムで、田中恒成(26=畑中)と非公開スパーリングで拳を交えた。田中は12月11日(土)に石田匠(29=井岡)と52.5kg契約10回戦のリングで再起をかける。

 スパーリングで初顔合わせした井上と田中は、3分4ラウンドのスパーリングで汗を流しすと、井上は「やっぱりスピードが速いですね。やる前からそこは予想はしていたんですけど、自分が今までやった選手の中では一番速いと思います」と田中のスピードを評価。普段からスパーリングでは多用するというアッパーを打つ場面も多かった。モロニー戦の前に練習を重ねたというが、試合ではこれまであまり使ってこなかった。「左のトリプルは新井田(豊)さんを参考にしている。新井田さんの左アッパートリプルを見て、これいいなと思って。あのアッパーってフィジカルがしっかりしていないと3発打てないんですよ」と話すと、12月の試合ではアッパーカットを披露する可能性も示唆した。

 一方、名古屋から横浜入りした田中は「今日はけっこう打たれました。初めてなんで。誰とやるときも初めては緊張します」と切り出すと、「相手をよく見てるなと思いました。入りづらさは距離感とか。距離の取り方。バックステップがめちゃくちゃ良かったんで。そういった技術の高さがやっぱりすごかったです」と世界的スーパースターとして、日本ボクシング界を牽引するモンスターを称えた。

豪華非公開スパーリング
ボクモバトップページへ戻る