ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[電話取材]2021.9.23

祖父は輪島功一!磯谷大心プロデビューへ

祖父は輪島功一!磯谷大心プロデビューへ

 元世界王者の輪島功一氏の孫がデビュー! 磯谷大心(いそたに・たいしん/20=輪島功一スポーツ)は、10月14日(木)に後楽園ホールで開催される「ダイヤモンドグローブ」68.5kg契約4回戦で羽賀彬光(35=DANGAN越谷)を相手にデビュー戦に臨む。

 輪島氏の長女と元日本ランカーの磯谷和広氏の長男である大心は、体作りの一環で中学になってからジムに通い出したが、当初はプロボクサーになるつもりはなかったという。

 幼稚園からサッカーでゴールキーパーをしていた磯谷は、名門正智深谷高校で活躍したが、「強さに憧れて」とサッカーと並行して高校の2年からプロボクサーへの決意を固めた。
昨年10月にプロテストに合格
 格闘技漫画「グラップラー刃牙(ばき)」にハマったという磯谷は、「父が元プロボクサーで身近にあったから」と2019年12月から輪島功一スポーツで本格的に活動を始めると、昨年10月にプロテストに合格した。父の和広トレーナーとコンビを組みデビュー戦勝利に向けて汗を流している。
 近所ということもあり週1回ペースで輪島功一会長の家に顔を出している。YouTubeで輪島名誉会長の現役時代の映像を見たという磯谷は「特集とか見ると、あらためてすごい人なんだと思う。Yahoo!ニュースに自分のデビュー戦の記事が出ていて驚いた」と、祖父の偉大さを知ったという。

輪島功一名誉会長からアドバイス

 ちなみに「やっていることが自分とは全然違うし、マネをするのは難しい」と、輪島氏が現役時代に繰り出していたカエル飛びは参考にならないと電話口で笑った。 輪島氏からは「やるんだったら毎日必ず走れよ」とアドバイスをもらったことを明かした。
デビュー戦に注目!
 主戦場はウェルター級だが、体が大きくなっていけばスーパーウェルター級で戦っていくことも考えている。スーパーウェルター級といえば輪島氏が世界王者になった階級だ。
「負けられない思いが強い」と輪島氏の孫という立場にプレッシャーを感じているというが「無理に倒しに行かず勝ちにいく」と得意のジャブを武器に勝利を掴みにいく!
ボクモバトップページへ戻る