ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[前日計量]2021.4.23

寺地拳四朗と久田哲也が計量をパス!

寺地拳四朗と久田哲也が計量をパス!

 WBC(世界ボクシング評議会)ライトフライ級タイトルマッチの前日計量が23日、大阪市内で行われ、王者の寺地拳四朗(29=BMB)と同級1位の久田哲也(36=ハラダ)が会場に姿を現した。
 試合は、明日の24日(土)にエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館・第1競技場)で開催される「THE REAL FIGHT」のメインイベントで行われ、「8カンテレドーガ」でセミファイナル(午後2時30分)から独占ライブ配信される。
 前日に行われたPCR検査は両者とも陰性結果だった。
「自然の流れで倒す」
 8度目の防衛戦に臨む拳四朗は、「余裕を持って落としておこうと思った」と300gアンダーの48.6sを測定した。計量後には陣営と会話をするなどこれまでの世界戦と同様、気負いは感じられなかった。
 計量後にリモート取材に応じた拳四朗は「KOにはこだわりはないが、自然の流れで倒せたら。明日の試合は圧勝する」と必勝宣言した。
 計量後はお粥を食べてゆっくりとリカバリーする。「試合が終わったらマクド(マクドナルド)の『マックシェイク・みるきーのままの味』が食べたい」と勝利のご褒美にするつもりだ。
「ここで負けるわけにはいかない」
 拳四朗は2017年5月に王座を獲得してから、具志堅用高氏が持つ13度の世界王座防衛記録更新を目指し、己の拳に磨きをかけてきた。圧倒的な強さでベルトを狙う挑戦者を撃破し、ライトフライ級絶対王者として君臨している。約1年4ヶ月ぶりの試合で強さを示し存在感をアピールしたい。
「力を出し切ってベルトを奪う」
 一方、2度目の世界挑戦の久田は、リミットちょうどの48.9sで合格した。秤の上では鍛えられた肉体美を披露し仕上がりの良さを感じさせた。計量前はやや表情が硬かったが、計量後の写真撮影では笑みを浮かべていた。
 リモート取材で久田は「昨日の時点でリミットまで落ちていた。良い感じで体重を落とすことができた。試合開催まで待たされた分、準備することができた。明日は最高のパフォーマンスをするだけ」と落ち着いた口調で決戦への意気込みを口にした。
「明日は世界チャンピオンになる」
 久田は、2019年10月に京口紘人(ワタナベ)が持つWBA世界ライトフライ級王座に挑んで以来の再起戦で世界挑戦する。キャリア18年目、明日が47戦目を迎えるベテランは、これまで10敗していて決して順風満帆なボクシング人生を歩んできたわけではない。
 しかし、「苦しい状況の中で戦い勝ち上がってきた」と不屈の精神で立ち上がりトップコンテンダーまで上り詰めてきた。勝てば36歳6ヶ月での世界王座獲得となり、長谷川穂積氏が持つ国内男子最年長での世界王座奪取記録を更新する。
エディオンアリーナ大阪でゴング!
 新型コロナウィルス感染拡大防止で25日にも緊急事態宣言が発令されるが、試合は前日となるため、有観客で実施の予定だ。計量後にリモート取材に応じたプロモーターの山下正人真正ジム会長は「明日は通常通り開催する」と話した。

 拳四朗が圧倒的な強さで防衛記録を伸ばすのか、それとも久田が悲願のタイトル奪取を果たすのか?注目の一戦は明日、エディオンアリーナ大阪で行われる。
ボクモバトップページへ戻る