ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[前日計量]2021.1.13

打ち初めはバンタム級サバイバル戦!

打ち初めはバンタム級サバイバル戦!

 OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチの前日計量が13日、都内の日本ボクシングコミッション本部事務局で行われ、王者の栗原慶太(28=一力)と挑戦者で元WBC(世界ボクシング評議会)バンタム級暫定王者の井上拓真(25=大橋)が計量に臨んだ。
 試合は、明日の14日(木)に後楽園ホールで開催される「フェニックスバトル.75」のメインイベントで行われる。計量後にリモート取材に応じた両者は必勝を誓った。
 フェニックスバトルに出場する選手は、12日にPCR検査に臨み全員陰性結果だった。

負けるつもりはない
 「いつも通りの調整ができた」と語った栗原は100gアンダーの53.4kgを測定した。「国内バンタム級ナンバーワンの選手。ここまで強い相手を倒してきてリスペクトしている」と拳を交える井上に敬意を払うと、「防衛の意識はない。明日の試合は挑戦する気持ち」とボクモバインタビューで発した言葉をこの日も繰り返した。

 現在、IBF世界バンタム級4位でチャンピオンの井上尚弥(27)との対戦が可能な位置にいる。しかし、「尚弥選手は自分が世界王者にならないと戦えない選手だと思っている」と独自の考えを示し、明日の拓真撃破に全力を注ぐ。
 「自分からプレスをかけていく展開が理想。相手は打ち気にはやるところがあるのでそこがチャンス。最初から最後まで倒しにいく」とKO勝ちを狙う。
バンタム級ビッグマッチ!
 一方、「最後まで動くことができて減量も上手くいった」と語った井上は、リミットちょうどの53.5kgでクリアした。
 井上は、2019年11月に正規王者のノルディ・ウバーリ(34=フランス)とのバンタム級王座統一戦以来、約1年2ヶ月ぶりにリングに上がる。「やっと試合ができるのでワクワクしている」と決戦が待ちきれないようだ。

 この試合に向けて約80ラウンドのスパーリングを消化し、兄の尚弥とも手を合わせた。「試合につながるアドバイスをもらった」と手応えを感じると、「自分がやられて嫌な攻撃を相手にどれだけできるか。相手対策ではなく自分自身のレベルアップに努めた」と勝利に自信を示した。 「世界に向けての通過点」とキッパリと言った井上が復活を目指す。

 勝った方が世界へ大きく近づく年初めビッグマッチ!生き残るのはどっちだ?!2021年もバンタム級が面白い!
左:ベジータ石川(折尾)57.6kg
右:松本圭佑(大橋)58.0kg
左:興法裕二(新日本木村)52.1kg
右:中垣龍汰朗(大橋)52.1kg
左:竹田宙(S&K)47.5kg
右:森且貴(大橋)47.6kg
ボクモバトップページへ戻る