ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[電話取材]2020.12.9

有終の美を飾った水藤翔太

有終の美を飾った水藤翔太

 ワタナベジムに所属する水藤翔太(32)は、12月8日に後楽園ホールで開催された「ザ・グレイテストボクシング」ライト級6回戦で太田啓介(36=レパード玉熊)に判定勝ちし5連敗を脱出、ジム移籍初勝利を飾った。
 勝っても負けてもこの試合を最後と決めてリングに上がった水藤は、戦績を24戦12勝(1KO)11敗1分にしてリングを去った。試合を終えて1日経った水藤に話を聞いた。
ラストファイトで勝利した
 勝利が決まった瞬間、リング上で感慨深い表情を見せていたのが非常に印象的だった。「勝ってジムに良い流れを作ることができた。あとは以前所属していた、とよはしジムの後輩で今日試合をする太田(太田卓矢)につなげることができたのでホッとした。そして、『これで最後の試合か』といろいろな感情が入り混じった」。水藤は「名残惜しさはない。今はスッキリしている」と現在の心境を語った。
勝ち越すことができて良かった
 水藤は、「さらなる強さを求めて」2018年3月にワタナベジムに移籍したが、勝ち星を挙げることができず悔しい日々を過ごした。「東京まで来て何をしているんだと歯痒い気持ちでいっぱいだった」と胸の内を明かすと、「結果を出したかったので最後に実を結ぶことができて良かった」と喜んだ。
ボクシングをやっていて良かった
 今後、水藤は地元の愛知県豊川市の会社に就職し来年1月から新たな生活をスタートする。「苦しい思いをした後に試合を乗り越えて勝つ喜びを得られた時は、何にも代えられないうれしさだった。最後に勝てて良かった。積み重ねてきたことが結果で出て良かった」と改めてボクシングの魅力を語った。
 「不器用な自分に根気よくアドバイスをくれたスタッフさんやチャンスをくれたワタナベジム、そして移籍する時に『頑張ってこい』と送り出してくれた、とよはしジムの松尾会長に感謝したいです」と想いを口にした。
 水藤は、後輩の太田の応援のために今日も後楽園ホールへ足を運ぶ。
ボクモバトップページへ戻る