ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[海外試合結果]2020.8.22

村田諒太戦を目指すマルティネスが6年ぶりの再起戦

村田諒太戦を目指すマルティネスが6年ぶりの再起戦

 元世界2階級制覇王者のセルヒオ・マルティネス(45=アルゼンチン)が21日(日本時間23日)、スペイン・カンタブリナで約6年ぶりの再起戦を決行。ホセ・ミゲール・ファンディーノ(36=スペイン)を相手にミドル級10回戦を行った。

マルティネスがKOで再起

 マルティネスにとって最後のリングは14年6月に行ったミゲール・コット(プエルトリコ)戦。この試合に敗れた後に怪我を理由に引退を表明していたが、この再起戦では初回から上下にパンチを打ち込み攻勢に出た。中盤には何度もロープにファンディーノを追い込み、6回半分を過ぎたところでコーナーに押し込みボディでダウンをゲット。そして迎えた7回、左ボディストレートを突き刺し、再び倒すとファンディーノはカウント内で立ち上がることができず試合終了。マルティネスの7回1分12秒KO勝利となった。

 試合後、村田諒太(34=帝拳)戦を目指すため、あと数戦を行いたいと表明したマルティネスの戦績は57戦52勝(29KO)3敗2分。敗れたファンディーノは22戦15勝(8KO)7敗とした。

ボクモバトップページへ戻る