ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[電話取材]2020.7.16

フェザー級が面白くなってきた!

フェザー級が面白くなってきた!

 OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチでチャンピオンの清水聡(34=大橋)が前日本ユース同級チャンピオンでランキング14位の殿本恭平(25=勝輝)を相手に防衛成功した16日、試合後のオンライン会見で大橋秀行会長からビッグニュースが飛び出した! WBOアジアパシフィック王者の森武蔵(20=薬師寺)が清水との対戦に名乗りを挙げ、これに大橋会長も実現に向けて動くことを宣言。

 世界を目指す2人のチャンピオンによるフェザー級アジア頂上決戦が現実味を帯びてきた。この会見を受けて、ボクモバは、早速、薬師寺保栄会長と森武蔵に話を聞いた。

 現在、故郷の熊本県にいる森は「以前から国内で一番強い選手は清水選手だと思っていたので、マッチメーク次第で避けることはできるが、国内フェザー級で一番強いのは誰かを決めて世界へいきたい。試合が決まればどんな場所でもいい。戦ったら僕が勝つ」とビックマッチに胸を躍らせ、勝利に自信を示した。
ボクモバトップページへ戻る