ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[コラム]2020.6.28

難攻不落のウェルター級

難攻不落のウェルター級

 1952年に故・白井義男が日本人で初の世界王者に就いてから68年間で91人の日本人男子世界チャンピオン(暫定王者を含め)が誕生しているが、スーパーミドル級からヘビー級の重量級を除き、未だにウェルター級だけ世界王者が誕生していない。
 ウェルター級の一つ下のスーパーライト級では、3人(藤猛、浜田剛史、平仲信明)、一つ上のスーパーウェルター級では3人(輪島功一、工藤政志、石田順裕(暫定))がいる。そればかりか、日本人ボクサーにおけるウェルター級での世界挑戦者は、これまでの長い歴史の中でもたったの4人しかいないのだ。
 挑戦するだけでも難しいと言われている、ウェルター級の歴史と世界のトップに君臨する選手、そしてウェルター級で世界を目指す国内のトップファイターを中心に紹介する。
ボクモバトップページへ戻る