ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後会見]2020.2.14

ベルトを懸けて壮絶な打撃戦

ベルトを懸けて壮絶な打撃戦

 WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者のフローイラン・サルダール(30=比)と同級4位の福永亮次(33=角海老宝石)が14日、後楽園ホールで開催された「SLUGFEST.13」のメインイベントで激突した。世界挑戦経験もある強豪チャンピオンに挑んだサウスポー福永はKOでベルトを掴むことができたのか――。
福永亮次がタイトル奪取に成功
 福永の勝利への執念がベルトを手繰り寄せた!序盤はサルダールの伸びのある右ストレートが再三ヒット。サウスポー福永は足を使いながら左ストレートを打ち込むがサルダールのテクニックが上回った。4回にサルダールの左フックを浴びて左目下を腫らした福永だったが、気持ちの強さを見せて左ボディを決めると連打で反撃。7回にボディへの連打で倒すとパンチをまとめてストップ勝ちした。
傷だらけの勝利
 新チャンピオンに輝いた福永は「足を使って距離を取る作戦だったが、これでは倒せないと思い切り替えてガードを固めて前に出た。相手はパンチは強かったが、ブロックすればなんとか凌げると思った。ベルトを獲ることができて本当にうれしい」と勝利の味を噛み締めた。
田部井要トレーナーとの二人三脚で獲った
 5日後に第一子が誕生する田部井要トレーナー(34)と勝利を分かち合うと「練習でやってきたことを試合で出せるようにしたい。世界ランカーと戦うにはレベルが低すぎるのでこれからも練習あるのみです」とさらなる飛躍を誓った。
スマートなボクサーだった
 一方初防衛に失敗したサルダールは「相手はアッパーだけが強かった。木村戦(木村翔)で痛めた古傷(ボディ)が再発し耐えられなかった。負けたけど後悔はない」と淡々と試合を振り返った。
採点表
ボクモバトップページへ戻る