ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後会見]2019.12.16

ズドンと一撃!

ズドンと一撃!

 OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者の渡部あきのり(34=角海老宝石)が16日、後楽園ホールで開催された「SLUGFEST.12」のメインイベントで同級8位シティデッド・バンディ(28=タイ)を迎えて初防衛戦に臨んだ。47戦目のリングに上がった渡部の強打は炸裂したのか――。
渡部が初防衛に成功
 サウスポー同士の一戦は、プレスをかける渡部に対しバンディは入り際にジャブを合わせて対抗。2回、落ち着いた試合運びを見せた渡部は右ボディを一閃!バンディをキャンバスに沈めて10カウントを聞かせた。
村田諒太のガードを参考にした
 33回目のKO勝ちを飾った渡部は「ブロックとステップワークを中心としたディフェンスを意識したボクシングを心掛けたが、今日は落ち着いて作戦を遂行できたと思う。倒したパンチは流れの中で出たもの。自分が強いのかはまだわからないが、今回はやりたいことができた」と自らの出来に及第点を与えた。
目標は世界王者
 「今が一番強い」と胸を張った渡部は「ボクシングをしている以上、世界を目指す。階級、場所にはこだわらない。強くなるために練習あるのみ」と決意を口にした。
相手のパンチが強かった
 控室に戻ったバンディは「相手にスピードはなかったがパワーを感じた。カウンターを合わせる作戦だったが、ボディが効いてしまった。足を使った攻撃を嫌がっているのがわかっていただけに残念だ」とガックリと肩を落とした。
採点表
ボクモバトップページへ戻る