ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[来場者特典]2019.11.18

後楽園ホールが「はじめの一歩」一色に!

後楽園ホールが「はじめの一歩」一色に!

 連載30周年を迎えた人気ボクシング漫画「はじめの一歩」を冠したA級選手によるフェザー級トーナメント予選が明日19日、後楽園ホールで開催される。現在まで126巻を数える単行本は累計9600万部を突破し、日本はもとより世界中で愛され、この漫画を読んでボクシングを始めたという外国人選手も少なくはない。今回、トーナメントに出場する韓国KMB同級王者イ・ジェウ(26=韓国)もその一人。「運命を感じる」とまで話していた。


明日は一歩の世界観も楽しめる
 この記念すべき大会を盛り上げようと原作者の森川ジョージ氏(JBスポーツジム会長)、連載する「週刊少年マガジン」(講談社)が全面協力し、明日の後楽園ホールは「はじめの一歩」一色に染まる。
 まず、ホール横の展示会場を試合が始まる17時半から解放し、複製原画、ポスター、単行本全巻を展示。ホールの通路には普段、ボクシング、格闘技のポスターが貼られているが、これを劇中に描いた試合のポスターに貼り替え、バルコニーには主人公・幕之内一歩、鷹村守、ほか主要キャラを描いた長さ3メートルの巨大な垂れ幕が吊るし、とことん一歩の世界観を演出する。
先着1500名に配られる小冊子
 また、来場者には先着1500名に「一歩vs千堂」の特製小冊子が配られ、試合のパンフレットは激中の名言を掲載した保存版的内容とのこと。前座の試合終了後にシード選手のリチャード・プミクピック(比)が参加するトーナメント開会式が行われ、森川氏が開会宣言に立つ。
 今回、国内外の強打者が揃った「はじめの一歩」トーナメント。試合は6ラウンドと集約された時間で行われるだけに、一歩のようなKOを期待せずにはいられない。
ボクモバトップページへ戻る