ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[会見]2019.11.9

井上尚弥「アリ・トロフィーは新居に飾る」

井上尚弥「アリ・トロフィーは新居に飾る」

 ボクシングのワールドカップと称されるWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)を制したWBA(世界ボクシング協会)スーパー、IBF(国際ボクシング連盟)バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が9日、都内のWOWOWスタジオで収録に臨んだ。
 WOWOWでは本日、午後9時から11月7日(木)にさいたまスーパーアリーナで開催されたWBSS決勝戦の試合が放送される。ゲスト出演した井上は、世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(36=比/米)とのボクシング史に残る名勝負を振り返った。

相手が二重に見えたのは想定外
 世紀の一戦から2日が経ち、筋肉痛で全身が痛いという井上。試合当日はモニターで途中まで見ていたという弟・拓真の試合の感想も語った。ウバーリの試合は2回見たという井上は、弱点を見つけたようで「間違いなく勝てる」とニヤリとした。
 収録後に囲み取材に応じた井上は、「初回に調子が良くても一発のパンチで状況は変わる。あらためてパンチには気をつけないといけないと思った。カットした場面で気持ちがブレずに自分のボクシングができたことはこれからやっていく上で自信になった。試合を通してボクサーとして人間として成長できたと思う」と総括した。
しばらく休養する
 今後のスケジュールだが、「いつもより休養に専念したいので今年いっぱいはゆっくりしたい」と年内はジムワークは行わない予定。
 モハメド・アリ・トロフィーは自宅に置いてあるが、新居を建てており、これまで獲得してきたベルトの数々やアリ・トロフィーを飾るスペースを検討していることを明かした。
今夜21時から放送
 収録では「今後のキャリアで最も大事な一戦」と語ったスーパーファイトを見ながら試合中の心境、技術解説を思う存分に語った井上。あの36分間の攻防を井上本人のコメントを聞きながら見て、あの時の興奮をもう一度味わうことを勧めたい。
ボクモバトップページへ戻る