ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[海外試合結果]2019.6.30

アンドレイド&ヤファイの指名戦

アンドレイド&ヤファイの指名戦

 米国・ロードアイランド州プロビデンスのダンキン・ドーナツ・センターで29日(日本時間30日)に2つの世界タイトルマッチが開催された。WBO(世界ボクシング機構)ミドル級王者デミトリアス・アンドレイド(米国)が、同級2位マシエイ・スレッキ(ポーランド)を相手に2度目の防衛戦を迎えた。WBA(世界ボクシング協会)スーパーフライ級タイトルマッチでは王者カリド・ヤファイ(英国)が、同級1位のノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)とV5戦で拳を交えた。
アンドレイドがダウンを奪い大差判定勝利
 地元での凱旋防衛戦となったアンドレイドはこれまで以上の攻勢をみせ、初回に左でスレッキからダウンを奪った。その後も攻めの姿勢を見せて序盤を制した。中盤に入るとスレッキもジャブから体勢を整えたが、アンドレイドはアウトボクシングに切り替え、いつものサウスポースタイルで試合を進めていった。終盤も手数で攻めるスレッキに対し、ジャブでコントロールしたアンドレイドが主導権を渡さずに試合終了のゴング。3-0(120-107×3)の判定勝利でアンドレイドが地元でV2を達成した。アンドレイドの戦績は28戦全勝(17KO)、敗れたスレッキは30戦28勝(11KO)2敗となった。
ヤファイが大差判定でV5
 初回は積極的に攻めるヤファイに対し、ヒメネスも応じる初回。しかし、2回にヤファイは左フックで効かせ、続くラウンドも制すると4回にはヒメネスがホールディングの減点1を課された。5回にボディで倒れたヒメネスだったが、レフェリーはローブローの判定。中盤には攻勢に出ていたヤファイが疲れを見せて、ヒメネスが手数とアウトボクシングで挽回するも、8回にはまたもローブローを受け両膝をついた。その後、停滞気味に進んでいった最終回、残り30秒でヤファイが左フックでダメ押しのダウンを奪い試合終了。ヤファイが3-0(117-109、118-108、119-107)の大差判定勝利を収めた。5度目の防衛に成功したヤファイの戦績は26戦全勝(15KO)、敗れたヒメネスは42戦29勝(16KO)9敗4分とした。
ストップ勝ちでパーカー2連勝
 セミファイナルで行われたヘビー級12回戦、元WBO同級王者のジョセフ・パーカー(ニュージーランド)が再起第2戦をアレックス・リーパイ(オーストラリア)と行った。序盤からプレッシャーをかけるリーパイを、パーカーはジャブからのコンビネーションで打ち込んでいった。2回と3回にパーカーのローブローで休憩時間が入るも流れは変わらず。そうして迎えた10回、リーパイが打たれ強さをみせるも、パーカーが一方的に攻め続けるとレフェリーがストップを決断。パーカーが10回2分18秒TKO勝利となった。2連勝を飾ったパーカーは28戦26勝(20KO)2敗、粘りを見せたが敗戦となったリーパイは44戦32勝(26KO)8敗4分となった。
ボクモバトップページへ戻る